たけぼうの米国株・ETF投資日記

平成生まれのサラリーマンが米国株投資でアーリーリタイアするブログ

確定拠出年金を早く始めたい

確定拠出年金
来年の1月より企業年金のある企業に勤めているサラリーマンでも個人型確定拠出年金に加入できます。

◇人事部に問い合わせ
11月くらいに問い合わせしたところ、12月くらいには案内できそうだと連絡がありました。で、12月の営業日はあと5日なわけです。案内はまだです。遅過ぎる。1ヶ月遅れると、税金控除だけで約3000円損します。早くしてくれ!!

◇運用商品候補
iFreeNYダウインデックスファンドです。その名の通り、NYダウに投資します。私はSBI証券に口座を持っていますので、確定拠出年金SBI証券にしようと考えています。コストが安いインデックスファンドはニッセイ外国株式かiFreeNYダウがあります。

◇ニッセイにしない理由
ニッセイ外国株式はMSCIコクサイと連動するインデックスファンドです。日本以外の先進国株式の市場平均と連動します。といっても半分は米国株です。ニッセイ外国株式には致命的な弱点があります。それはトラッキングエラーが大きいことです。
物作りではQCDが重要です。Quality,Cost,Deliveryの頭文字です。ニッセイ外国株式はCostは優秀ですが、Quality(品質)がダメダメです。インデックスファンドの品質はトラッキングエラーの小ささです。ニッセイはトラッキングエラーが大きいのです。米国大統領選挙の時に他のインデックスファンドに上昇率が0.28%劣っていました。

たわらノーロード先進国株式:+4.17%
ニッセイ外国株式:3.89%
ifree外国株式:4.16%

信託報酬は0.23%とか0.22%とかそういう世界で争っています。0.28%は無視できません。運用額が小さいとエラーが発生しやすいそうですが、ニッセイだけ特別小さい訳ではありません。

たわらノーロード先進国株式:約3000億円
ニッセイ外国株式:約400億円
iFree外国株式:約700億円

この中では一番小さいですが、同程度の規模のiFreeはトラッキングエラーを発生させてないので、規模ではなくシステムに問題があるといえます。ということはまたトラッキングエラーが発生する可能性があります。現に何度もやっちゃってるそうです。

◇iFreeは信用に足るのか
信用できると思っています。
NYダウインデックスファンドの規模は約10億円と小さいですが、他の規模の大きいNYダウインデックスファンドと比較しても、トラッキングエラーは発生していないようでした。
半年間の騰落率比較
iFree NYダウインデックス:12.02%
eMAXIS NYダウインデックス:12.02%

ちなみに規模は40倍の差があります。

よって私はiFreeNYダウインデックスファンドにします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村