いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

【朗報】妻が投資に興味を持つ

◇家計ポートフォリオ改善に大きく前進
妻が投資に興味を持ってくれました。
きっかけはこのニュースです。

http://www.asahi.com/articles/ASJ9F7T57J9FUTFK01H.html?ref=yahoo

資産額の多い人でも、預貯金が100万円ほどしかなく、
そのほとんどが株や不動産である事から、
資産を増やすには投資が必要。
近々で大きな額の現金がいるわけではないので
現金を多く持っていても仕方ない
と思ってくれたそうです。

私も同様のニュースを見ていました。

http://www.asahi.com/articles/ASH5T00K8H5SUTFK00H.html

年収2000万円以上の国会議員でも、平均3000万円か・・・
と残念に思ってました。
やはり、女性の方が細かいところに気づくのでしょう。

◇投資金額の増額、学資保険解約も承認
投資金額の増額も交渉成立しました。
今の預金を5年に分けて投資します。
住宅ローン減税控除分も投資に回します。
年間で70万円ほど投資に回せそうです。
5年後には生活防衛資金を除いて、株式90%のポートフォリオが実現できそうです。

学資保険も解約できそうです。
今の収入で、将来の教育資金を準備するには
学資保険の利率では到底無理です。
一番教育費のかかる時期に、自分の老後用資産を目減りさせないためには、
リターンを上げる必要があります。
利回り6%程度は必要です。

◇今後の投資計画

妻のNISA口座も開設することにしました。
それぞれのNISA口座の目的は以下の様になりました。

私:将来の年金作り、リタイア後の配当収入を年金代わりにする
妻:将来、大きな額の現金が必要になった時の備え、リフォームなど
息子:教育資金、大学学費と下宿費用

家のリフォームがいつ必要かわかりませんが、
10年とか、ある程度の長期でしょう。
息子の教育資金は16年後です。
年金は60歳で退職したとしても、33年後、
65歳で退職なら35年後です。

10年以上の長期投資なので、全ての口座で株式100%のポートフォリオとします。

◇運用商品候補
妻の口座はETFではなくインデックスファンドにしようと思います。
ETFって運用するのが好きな人向けだと思います。
自分で買うという行為が必要です。
投資信託みたいに「積立設定して放置」はできないので。

運用商品はiFreNYダウインデックスファンドにしようと思います。
データによるとここ20年では ダウ> MSCIコクサイとなっています。
先進国市場は欧州や米国ですが、歴史上、欧州よりも米国の方がリターンが高いです。
新興国はボラリティが大きいので、長期投資には向きません。
分散の観点から、S&P500連動のインデックスファンドが一番良いかと思います。
日本で買えるS&P500連動の投資信託はあるのですが、実質コストが0.7%くらいします。
コストの観点から、ダウ連動の投資信託のほうが良く、
信託報酬が最も安いのがiFreeNYダウインデックスファンドです。

◇まとめ
奥さんの説得が難しい人はこういったニュースを見せると良いかもしれません。
お金を増やしている人は、預金の割合は少なく、株、不動産などリスク資産が大半です。
株式投資はリスクを低下させる手法も、学術的に証明されていますし(インデックス投資)、
ドルコスト平均方法をとれば、タイミング分散もできます。
投資信託を積立設定するだけで、銘柄分散とタイミング分散が出来ます。
投資に対するハードルを下げて、実データを見せれば、以外に説得できるかもしれませんよ。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村