いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

ふるさと納税の返礼品について

◇また見直しが入った
行き過ぎた返礼品について、見直しが入るそうです。僕もふるさと納税をしていますので、他人事ではありません。「返礼品のコストが高すぎて、自治体にお金が入らないと本末転倒だ」たしかにその通りですが、そこは本質ではないと思います。

◇居住地の自治体が有効に税金を使っていると思えるなら、ふるさと納税しない
結局、自分の払った税金が有効に使われていないと感じているから、ふるさと納税するんだと思います。下の文章はネタですが、火のない所に煙は立たないので、納税者は少なからず思っているはずです。

8:28 登庁
8:30 ロッカーの鍵を開け、届いた書類の整理等、毎日のルーチンをこなす
8:45 ルーチン終了。お茶を飲んで一息
8:58 相方登庁。仲は悪く無いが、目で挨拶する程度。基本会話は無し。
9:00 席に着く。仕事はなく、意味も無くExcelを立ち上げてみる。
9:30 Excelを立ち上げたまま30分経過。相方は目を開けたまま気絶。
10:00 トイレに立つ。帰りにロッカーを開けたり閉めたりして5分くらい時間を潰す。
10:30 住民から問い合わせの電話。2、3分説明して終わる。相方は気絶中。
11:00 眠くなってきたので、WEB版のニュースを見たりしてちょっと指を動かす。
12:00 昼。業者の弁当を自席で食う。その後はぼんやりうたた寝。
13:00 午後のお勤め開始。とりあえずExcelを眺める。
14:00 問い合わせ電話が二本ほど入る。無駄に丁寧に応えてあげる
14:30 課長に呼ばれる。忙しいところ悪いがと言われつつ、簡単な事務仕事を頼まれる。
14:45 事務仕事終わる。再度仕事が無くなる。
15:00 トイレでピッチャーの真似をしたりして時間を潰す。
16:00 机の引き出しを少し片付けてみる。
16:30 問い合わせ電話。相方が取る。終わってから今日初めて口開いたかもと相方がポツリと呟く。無言で頷いてやる
17:20 ロッカーの鍵を締める
17:30 退庁

こんな奴の給料になるのなら、税金なんて一銭も払いたくありませんよね。米に替えた方が100倍良いです。税金を有効に使っている事が見えないし、そう思えないのが一番の問題だと思います。

◇返礼品も地域経済にとってはプラス
お金と物が動く訳ですから、地域経済にとってはプラスのはずです。返礼品に米が届くということは、

自治体が農家から米を書う
②米を送る
③余ったお金は地方の事業に使用する

この3つが行われるはずです。食料自給率とか、一次産業従事者の高齢化など、色々問題がある我が国ですが、実際に一次産業従事者にお金が入るのは良いことです。地域にお金が落ちる事は、良いことです。また、普段買わない高級食材目当てでふるさと納税する人もいます。高級食材は景気が落ち込めば、消費も落ち込んでしまいますが、どうせ還ってくるお金と思えば、躊躇う必要もありません。需要が落ち込みにくくなるのもプラスでは無いでしょうか?

ふるさと納税は有効に使われている
年末に実家に帰ったとき、近所の運動公園に行きました。自分が子供の時になかった遊具がありました。ふるさと納税で作られた施設だそうです。たくさんの子供達が遊んでいました。自分の地元にもふるさと納税しようかなと思いました。返礼品は麦焼酎くらいしか思いつきませんが。ふるさと納税は使い道を指定できたりします。子育て支援のためとか、領土保全のためとか、色々です。使い道を指定して、実際に有効に使ってくれるなら、喜んで納税します。

ふるさと納税が無ければ、過疎化していく地域は、破綻するしかない
東京一極化が進んでおり、地方は過疎化が進んでいます。ふるさと納税は過疎化する地域にとっては、大事な収入源です。
税収は減っていく訳ですから、何らかの形で、お金を作る必要があります。米が穫れる地域なら、米を返礼品にしておけば、ふるさと納税が入ってきます。
少なからず、人が住んでいるなら、最低限の公共サービスは必要です。都会で稼いだお金を田舎に還流させる手段として、ふるさと納税は悪くないと思います。

◇問題の本質は東京一極化の進行と税金の無駄遣い
要は地方にお金が無いから、地域の特産品を使って、お金を得ようとするんです。お金があれば、そんな事はする必要ありません。地方にお金が無いのは、人と雇用が都心に流れるからです。シムシティをやればわかります。人口需要、商業需要、工業需要は密接に関連しています。仕事が無ければ、人は住まないのです。
また、税金が有効に使われていると実感できれば、物に替えた方が良いと考える人は減ると思います。

◇まとめ
「返礼品が本末転倒」という指摘はナンセンス、本当の問題は地方に雇用が無い事と、税金の無駄遣い