いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

コカ・コーラを飲みながら考えたこと

◇無性にコーラが飲みたくなる時ない?
f:id:takeboww:20170301185241j:plain
僕は子どものころは炭酸飲料が苦手で、
爽健美茶とかアクエリアスとか飲んでました。

大学進学後から、たまにコカコーラ飲むようになりました。

コカ・コーラ株について調べていたのですが、コーラがだんだんコーラが飲みたくなってきたので、つい買ってしまいました。

◇一度築いたブランドの強さ
このように無性に飲みたくなるのが、一度築いたブランド力の強さです。
爽健美茶アクエリアスは、僕が子どもの頃からあります。
うちの子も爽健美茶が好きです。
ペプシコーラもおいしいと思いますが、コーラはやっぱりコカ・コーラです。

僕が子どものころ、恐らくパンパースをしていたと思いますが、自分の子どももパンパースでした。(今はまみぽこですが)

生まれて初めてつけるオムツはパンパースでしょう。
病院で最も多く使われているのがパンパースだからです。

一度築いたブランドは世代を超えていきます。

◇シニア世代は、生活必需品の高配当株だけに投資しておけば問題ないかも
当然かもしれませんが、P.GやKOは売り上げが景気に左右されません。
景気に関係なく、こどもは生まれてくるし、飲み物は飲むからです。
株価は変動しますが、配当は変わりません。
なぜなら、配当の源泉である利益は変わらないから。

僕はまだ若いので、キャピタルゲインも欲しいですが、
50、60で資産を築いている人はインカムだけで良いかもしれません。
リスクを負う必要が薄いからです。
配当再投資しなくても、単利3%で運用できると考えれば、全然有だと思うのです。
今の定期預金の金利は、0.12%が最大です。
単利3%に勝つには、25年かかります。

また引退間近の世代は、大きな支出が生じる事がありません。
こどもは社会人になっているでしょうし、
50~60代ならまだ体は動くし、医療費もそこまでかからないでしょう。

こういう世代は、大量の貯金を銀行に預けておくよりも
高配当株に投資したほうが良いのではないでしょうか?
すぐに使うお金ではないなら、現金で持っておく必要がありません。
高配当株に投資して、配当でちょっと贅沢してください。
もちろん、配当を再投資して、複利で運用した方が良いですが。
また、70代になって、お金が必要になったら、必要な分だけ、株を売れば良いだけです。

◇シニアの皆さん。投資して下さい。
お金を持っているシニアの方は銀行に預けて眠らせないで、市場に還流させて欲しいです。
利子にも配当にも税金がかかりますが、0.12%の20%と3%の20%じゃ、全然違います。
別に税金取られても良いではないですか。自分が稼いだお金が減っているわけではないんだから。
シニア世代の方は是非投資をして欲しいです。
投資=キャピタルゲインのイメージが強いですが、インカムゲイン狙いの投資で良いんです。
税収が増えれば、現役世代の負担が減ります。
投資は自分のために行うものですが、間接的には国家のためにもなります。
そして、子どもや孫のためにもなるのです。