いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

固定費削減大作戦

◇節約は固定費削減が一番の近道
会社は不景気になると残業規制を出して残業代を減らそうとします。(ホワイト企業なら)
ブラック企業は最初から出していないので関係ありませんが。
会社の費用には固定費と変動費があります。変動費は好景気になると増えます。
例えば、製造費は出荷台数が増えれば当然増えます。
でも、固定費は景気に左右されません。人件費は従業員をリストラしない限り減りません。
なので、固定費の削減は強い財務体質を作るためには必須の行為です。

f:id:takeboww:20170501130126j:plain

◇我が家における固定費を削減
光熱費、保険料、通信費が固定費に当たります。
光熱費は九電が一番安いようなので、変更なしです。
通信費は夫婦共に格安スマホなので、これ以上削れません。

よって、削る余地があるのは保険料となります。
金融リテラシーの低い時に入ったものもあるので無駄があるはず。

収入保障(生命保険)→住宅ローンの団信代わり
生命保険(グループ)
医療保険(グループ+民間)
がん保険(民間)
三大疾病保険(グループ)
自動車保険(2台分)

必要
・収入保障
自動車保険

この2つは必要です。
収入保障は生命保険の1種です。自分が死んだら、毎月一定額、家族に保険金が支払われます。
一気に何千万円支払われても、資産運用の知識が無いと、どうにもできないので、なかなか良いと思います。
ちょっと保障額が大きい気がしますが、今の手取り月収と同程度の保障なのでちょうど良いのかもしれません。
遺族年金は教育資金として使えば良い気がします。
遺族年金は月14万円程度なので、18年間で3000万円。こども2人とも国立大学に行くとしても、幼稚園~大学卒業まで3000万円くらいは要るでしょう。

車社会なので、車が2台無いと不便すぎて生きていけません。
ということで、自動車保険は必要です。
車両保険は外しても良いかもしれませんが。

不要
生命保険(グループ)
医療保険(グループ+民間)
がん保険(民間)
三大疾病保険(グループ)

これらは全て不要という結論に達しました。

グループ保険は500万円程度の掛け金です。自分が死んだら学費に回そうかと思いましたが不要ですね。
遺族年金と収入保障で賄えそうです。
どうしても、保険を掛けたければ、財形貯蓄でどうにかなります。200万円入れれば、この時点で1000万円の保障です。
しかもお金は出て行かず、逆に利息が付きます。景気が良い今の内に、財形に突っ込むべきです。
あと奥さんの保険ですが、奥さんの分もいらないですね。
奥さんが無くなったときに、はした金をもらってもどうにもなりません。

医療保険
うん、いらない。僕が入院する理由が見当たりません。
BMIは19と健康的だし、視力以外は不健康なところはありません。
(視力はいつも引っかかります。左1.2、右0.4と偏っているからです。)
そもそも、生活防衛資金とは不測の事態、ケガや入院したときのためにあります。
日本の医療制度なら、月9万以上の支出にはなりません。
また、傷病手当で給料の2/3は収入が確保されます。
勤め先にGPLD制度も導入されたので、傷病手当の期間が過ぎても給与の半分は入ってきます。
よって、医療保険は要らないでしょう。

がん保険/三大疾病
これもいりません。
第一、がんになったとき300万円というはした金をもらって何になるのか・・・。
また、自分の生活を見直したとき、がんになる可能性は極めて低いです。

ウェストサイズは67センチと、メタボは無縁です。
休日は良く寝ています。10時間は平気で寝ています。
早く帰った日は早く寝ています。10時半~7時半まで寝ている。
食事は妻の料理が中心。野菜もとっているし、たんぱく質も多い。特に脂っこい訳でもない。
たばこも吸わない。
酒もあまり飲まない
この状態でがんになる可能性は低いです。

よって、保険をリストラします。

生命保険(グループ保険) :2480円
医療保険(グループ保険) :1212円
医療保険(民間) :2037円
三大疾病(グループ保険):780円
がん保険 :2140円

合計:8649円

さようなら、保険。
こんにちは、僕の8649円。

無駄遣いしたら意味無いので、浮いた分は財形に突っ込みます。
財形は暴落がきたら、ある程度解約して、株に突っ込みます。
それまでは強制貯蓄手段+保険として使用します。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村