たけぼうの米国株・ETF投資日記

平成生まれのサラリーマンが米国株投資でアーリーリタイアするブログ

待てよ。韓国、台湾株もハイテクじゃん。

僕はFBを売却したら、IEMGを買うと宣言しました。よくよく考えたら、韓国の時価総額の1/4は半導体銘柄だし、台湾の1/5はTSMCだし、ハイテクが結構入ってる事に気がつきました。ここは逃げとくべきでしょうか。。。

◇3D-NAND特需はまだ続くぞ。

IOTやらAIやらで半導体銘柄が注目されています。IOTはこれからだし、AIは未来の話です。現在進行形のテーマは3D-NANDメモリです。この技術でHDDは完全に消滅するでしょう。メモリはSamsungが世界シェア首位。SK-HYNIXも3D-NANDの恩恵を受けます。そして、韓国、台湾の半導体メーカーの設備投資は盛んです。つまり、増産予定があり、業績は好調だということです。
この一時の調整は絶好の買い場です。

高PERの一部銘柄は調整が入りました。しかし、低PERのQCOMは下げていません。韓国、台湾のPERは米国よりかなり低いため、大きな調整の可能性は低いです。
なので、IEMGは中期的には買っても良いと思います。取りあえず、2018年前半までは持ってても良いと思ってます。ということである程度、下げ止まれば買います。