いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

idecoに新興国株は必要なし

皆さんはidecoをやっていますか?
僕はNYダウに全額突っ込むという、普通の日本人から見ると狂気の沙汰としか思えない事をしています。
米国では普通の事ですがね。
(米国人はS&P500で積立していると思われます)

僕は新興国株が不要とは思いません。新興国は先進国よりも高成長なため、ポートフォリオに加えておくべきです。特に、割安な時は大量に仕込んだ方が良いとも思っています。
ただし、idecoで買う必要は無いのです。理由を説明します。

①信託報酬が割高
信託報酬が高いです。0.5%以上します。対して、先進国株のインデックスファンドは、0.3%以下です。新興国株ファンドの実質コストは0.5%を優に越えていて、0.7%程度あるでしょう。idecoは手数料がかかります。手数料の高い資産クラスは、idecoに向かないです。

新興国株が欲しい場合は、VWOやIEMGなどの低コストETFを特定口座で買った方が良いです。

②リバランスが面倒
先進国:新興国 = 7:3で維持するとします。
特定口座とideco口座で、それぞれ7:3を維持するのと、全体で7:3を維持する。どちらが楽か?

管理は後者の方が楽です。
idecoを単一クラスとしておけば、手を加えるのは特定口座だけで良いです。

ということで、idecoは信託報酬が安い日本株以外の株式資産クラスを選びましょう。
そうすると、消去法で先進国株しか残りません。

ちなみに日本株のインデックスファンドを長期で持つ価値はありません。中央銀行が買い支えてる不健全な市場です。近寄らないのが賢明です。

最近、同僚からidecoの事を聞かれます。徐々に認知されてきているとい事でしょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村