いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

FRBの一人抜けが確定。ECBの動きに要注目

強気相場が続いています。
米国株は割高だ、割高だと言われながらも
一向に落ちてきません。

金利が低いからです。

米国の金利
10年:2.25%
30年:2.81%

一方ドイツ国債は、
10年:0.44%
30年:1.19%

とこちらも超低金利です。

FRBは恐らく9月より、バランスシート縮小を始めます。
長期金利の下落圧力が弱まります。
FRBが買ってくれないので、債券価格は下がる(金利上昇)はずです。

ただ、金利がするすると上昇することは無いでしょう。
金利が上昇した米国債に資金が集まり、債券価格を下支えするでしょう。
ユーロ圏や日本の投資家は、より有利な米国債を買うはずですから。

FRBは投資家に債券を巧妙に押し付けていく。
FRBが手放す債権は、ユーロ圏、日本の投資家が買います。
これは単にFRBが持っている債券を、投資家に押し付けているだけです。

こうする事で、FRBは着々とバランスシートの縮小が進み、
次の金融緩和に向けて準備が整うのです。


◇株式はどうなるのか?
恐らく、横ばいでしょう。
米国債金利で満足できなければ、よりリスクの高い株式や
金利の高い新興国通貨を持つしかありません。

長期金利上昇はドル高要因なので、為替リスクを嫌う投資家は米国株を買うはずです。
しかし、金利上昇を嫌気して株を売る投資家も出てくるでしょう。
買いと売りの圧力で米国株は横ばいとなるか、若干下がるでしょう。

米国外の投資家は、有利な金利を求めて米国債に資金投下するでしょう。
ECBがバランスシート縮小を開始しない間は、こんな感じの展開になると予想します。

そして、ECBが引き締めを始めると、ユーロ圏の金利が上がり、
その金利で満足できる投資家が徐々にユーロ圏に戻ります。

その時が、米国の長期金利が上昇を始める瞬間であり、
長期金利上昇が株式市場と実体経済への止めの一撃となります。

現在は低金利バブルで皆が踊っている状態です。
まだ踊っていても良いですが、
音楽を止めるのはFRBとECBなので、彼らの動きを見逃してはならないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村