いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

ロシアにオーバーウェイト

原油が下げても下がらないロシア株
ロシア株を8/28に購入したのですが、8/30にも追加購入しました。
8/28時点で利が乗ったので、うまくトレンドに乗れたと判断し、手持ちのドルキャッシュを全て投入。
現在、3400$程度持っています。
VISAで追加購入しなかった反省を生かしました。

f:id:takeboww:20170831182020p:plain

ドル高で、原油安となったのですが、ロシア株は全然下げませんでした。
石油メジャー最大手、エクソンモービルは前日比-0.46%でしたが、ロシアETFのRSXは前日比+1.01%と好調でした。

原油以外の何かがロシア株を突き動かしている。
ロシアETFはエネルギー関連企業が35%と原油価格の影響を受けやすいです。
ロシア企業の損益分岐点は25$/バレルらしいです。
原油価格が45$程度あれば、下落しないのかもしれません。

しかし、原油価格が下がっても、1%上昇するには、他に訳があるはずです。
一体、何がロシア株を突き動かしているのでしょうか?

北朝鮮情勢
北朝鮮の面倒は中国が見てきましたが、中国にも反抗的な態度を示すなど、
中国はもうコントロールできていません。
となると、次はロシアにも出てきてもらう必要があります。
経済制裁の解除を条件に北朝鮮に圧力をかける。

無いか・・・

②利下げ期待
本命はこちらですかね。
インフレが収まりつつあるので、利下げを行う。
金利が下がれば、株式にはプラスです。
先進各国の金利はかなり低いので、ロシアが少々利下げをしようが、
為替への影響は限定的でしょう。

③ドル安ユーロ高
ドル安ユーロ高が進んでいます。
ドル安ユーロ高はロシアの輸入物価を下げ、輸出企業が潤います。

ecodb.net
出展:世界経済のネタ帳

上のリンク先を見て頂くとわかります。
輸出先はオランダ、イタリア、ドイツとEU圏が上位なのに対して、
輸入先は中国、ドイツ、アメリカです。
中国はドルペッグ制なので、ドル安は元安です。

ドル安ユーロ高はロシアにとって恵みの雨です。

この辺りがロシア株を突き動かしている何かだと思います。
③で示したように、ロシアの経済は回復への条件が整いつつあります。
ここに、②が加えれば更に上昇するだろうし、①も加えれば暴騰するでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村