いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

BAC(バンクオブアメリカ)購入

BACを先週、$25.33で48株購入しました。

◇米金利上昇に弱すぎポートフォリオだったので

僕のポートフォリオは米長期金利上昇に対して非常に弱かったです。
ドル建て資産は、以下の通りで、米国の長期金利が上昇するとどうなるか?
を示します。

RSX(ロシア株ETF):↓
IEMG(新興国株ETF):↓↓
EWZ(ブラジル株ETF):↓↓
VTI(米国株ETF):→
VEA(非米国先進国株):↑
KO(コカ・コーラ):↓
V(VISA):↓
MCD(マクドナルド):→
XOM(エクソン・モービル):→
BABA(アリババ):↓↓↓
NEM(ニューモンド・マイニング):↓↓

持株会の日本株は典型的な輸出企業なので、米金利上昇およびドル高には強いですが、それを加味しても米金利上昇に弱すぎでした。

上がる理由はまちまちだけど、下がる理由は一緒だったら、分散されたポートフォリオとは言えません

◇金利上昇に強い銘柄と言えば

金融株になります。
候補はJPM、BAC、Cとありましたが、バフェット銘柄のBACにしました。
WFCは悪材料がまた出そうだからパスしました。
資金はNEMの売却資金から捻出しました。

これで、金利が上がれば、日本、欧州、金融が上がり、新興国と米国高配当株の下落が緩和されます。
株価は上昇スピードより、下落スピードの方が早く大きいです。金利がレンジになるとジワジワと、ポートフォリオ全体のリターンが削られてしまいます。

◇今後の方針

とりあえず、このままにします。
新規のドル資金も無いので、動けません。
今、持っている個別銘柄は前回、前々回の決算も悪くなかったし、特に心配不要です。
また、ETFも利下げや景気回復という追い風があるので、問題ないと思います。
ボーナスが入るまで、このままだと思います。
強いて挙げれば、アリババはスケベ心丸出しで買ったので、どこかで売って、EWZの買い増しに使うかもしれません。