いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

日経平均さんに謝る記事。2018年は極東の時代か。

◇ごめんね、日経平均さん

30年間、高値を更新できない糞指標
値嵩株の動きが大きすぎて、市場の実態を示していない

悪口を言えば、きりが無いですが、21年ぶりの高値です。

f:id:takeboww:20171013165911p:plain

1996年です。

1996年と言えば、僕はポケモン緑をやって、スーパーマリオ64で壁キックしていた頃です。
小学校2年生です。

◇完全に喪があけた日本株

次の目標値は23,901円です。1992年の最高値です。

1992年にはゴジラVSキングギドラが公開されました。
f:id:takeboww:20171013165926j:plain

劇中の日本は、世界中の資産を買いまくり、23世紀には、世界一の経済大国として君臨しています。

それを良く思わない欧米の未来人がキングギドラを操り、20世紀の日本の国力を削いでおこうと企みます。

キングギドラの力を借りるまでも無く、バブルは崩壊し、日本は中国に抜かれてしまいました。
失われた20年で、当然のように株価は下落していき、バブル崩壊後の最安値は7000円です。
しかし、完全に喪が明けたのです。

S&P500はリーマンショックの安値から3倍以上になっていますが、日経平均も3倍になりました

◇バブルへの道は開かれた。ラチェット機構で戻れない。

リーマンショック最安値からの上昇率はほとんど一緒です。
PERは全然違います。

S&P500:予想19.2倍
日経平均:予想14.7倍

おなじPERになるまで上昇するとするなら、あと30%の伸び代があります。

日経平均27,000円です。

日経平均27,000円なんて見たことがありません。

僕の最も古い日経平均に関する記憶は、

「ちょっと前まで30,000円を越えていたのに、あっという間に10,000円台になった」
父が言っていた事です。

1997、8年くらいの記憶だと思います。

このまますんなり、25,000円、27,000円とは思っていませんが、S&P500より上昇余地は大きいでしょう。
驚くべき事に、景気がこんなにも強くなっているのに、日銀は金融緩和を止める気が無いし、止められないです
(金利を上げると政府財政が破綻するため)

◇2018年は日本を中心とする極東の時代

日本株は景気敏感株が多いです。
日本が好調だという事は、世界的にも景気が良いという事です。

主要な国のPERを示します。

米国:22
日本:15
欧州:20
中国:14
ロシア:7
ブラジル:18
インド:21
韓国:13
台湾:15

東アジアの国々が相対的に割安な事がわかります。

つまり、次の押し目に買うべきものは、

新興国ETF(EEM,VWO,IEMGなど。東アジアの国の割合が大きい)
日本株

という事になります。

僕はIEMGを買い増そうと思います。