いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

2018年は何処が伸びるのか

◇割安な極東地域

極東の日本、中国、韓国、台湾、ロシアは割安です。
その国の株式が割安かどうかは、長期金利と比較するとわかります。

国名株式益利回り長期金利
日本5.99%0.065%
中国6.97%3.73%
韓国7.93%2.46%
台湾6.49%1.05%
ロシア14.0%7.55%

それぞれ所感を述べます。

・日本

日本の低金利が一目で分かります。
今の世界経済の強さとこの異常な低金利。
バブル時代と似てきていると思います。

バブルの発端はプラザ合意です。
円高を飲まざるを得なくなった日本は、景気の腰折れを防ぐため低金利政策を敷きます。
それがバブルを引き起こしたわけです。
今回は景気が強くても、利上げができない状況になっています。(政府財政がヤバイから)
「これはバブルになっても、引き締め出来ない」を意味します。
引き締め策として増税が考えられますが、政策金利と違いスピード感はありません。
日本株はバブルになる可能性があると思います。

目標株価は日経平均25,000円。
日経平均20,000円を切るあたりが押し目のチャンスだと思います。

・中国

中国はPERが低く抑えられる要因があります。
不動産バブルをソフトランディングさせるため、当局が引き締め気味の政策を強いていることです。
当局の政策が成功しているのか、不動産在庫は徐々に減り、ソフトランディングになりそうです。
不動産バブルを抑えた後は、景気刺激策を実行すると思います。
具体的には一路一帯プロジェクトで財政出動を行うと思われます。
表向きは外資も歓迎すると言っていますが、中国企業を優遇するに決まってます。
この時、中国企業の業績向上を期待して、株式市場に資金が集まると思われます。

・韓国、台湾

韓国・台湾も長期金利が低く、株価は割安です。
韓国・台湾は新興国扱いですが、ラテンアメリカやASEANのような新興国と決定的な違いがあります。
それは、外貨準備高などの国としてのファンダメンタルの強靭さと競争力のある企業の存在です。

韓国・台湾は十分な外貨準備高を保有しているし、貿易収支も黒字です。よっぽどの事が無い限り、通貨は安定しています。

サムスン電子、SK-hynix、tsmcは巨大な半導体企業であり、インテル、マイクロンと比較しても遜色ありません。
半導体スーパーサイクルに乗って、半導体企業の業績は拡大していくでしょう。
韓国株式市場の時価総額の25%はサムスン電子とSK-hynixで占め、tsmcは台湾株式市場の13%を占めます。
半導体企業の更なる業績拡大に沿って、韓国・台湾市場はラリーするでしょう。

・ロシア

ロシア株式は相当割安です。
長期金利と比較しても割安なんですが、長期金利はこれから下がる。
つまり、株式はどんどん割安に見えてくるという追い風があります。
そして、サウジアラムコIPOに備えたサウジの減産。
欧州の景気回復による輸出の伸び。
という追い風もあります。
2018年、伸び代が最も大きいのはロシアです。

◇ラテンアメリカは割高

ブラジル、メキシコは割高です。

国名株式益利回り長期金利
ブラジル5.59%9.71%
メキシコ4.74%7.18%

・ブラジル

ブラジル株が今年も調子が良いのは、政府主導の構造改革と金融緩和です。
大統領の汚職問題がちょくちょく出てくるので、追い風のひとつは微風になりつつあります。
「金融緩和でGDP成長率をどこまで加速させる事ができるか」がポイントです。

僕はGDP成長率加速によって集まる資金の方が、米国の金利上昇で戻る資金よりも多いと思っていました。
しかし、このところの動きを見るとそうではなさそうです。

米国の金利上昇にとても敏感で、中国のハイテク企業のアリババと同じくらい敏感です。
新興国+ハイテクという金利上昇に弱い、個別株のアリババが、1日に2%くらいダウンするのは納得できます。
しかし、一国の株式市場全体がちょくちょく2%,3%もダウンするのは頂けません。
それくらい米国の金利上昇に弱い⇒通貨が弱い国という事です。
(ポートフォリオに入れてみると動きがよくわかりますね・・・。)

・メキシコ

インフレ率を抑えるため、引き締めをしています。
引き締めが金融市場に影響を与え始め、ダウントレンドに入っています。
短期でも長期でも今から買うべきではありません。

◇対応方針

方針として極東にオーバーウェイト、ラテンアメリカをアンダーウェイトしたいです。

現在の国別割合が以下
f:id:takeboww:20171024140211p:plain

銘柄割合は以下
f:id:takeboww:20171024140224p:plain

行動

tsmcを買います。BUY&HOLDしても問題ない超優良企業です。
ブラジルは折を見て売って、IEMGの買い増しに使いたいですが、そのチャンスはあるのか。

来年はお金があんまり無いので、BUY&HOLD予定のコア銘柄を買うので精一杯です。
コアはVTIと僕のお気に入りの5種です。

tsmcを30万円ほど買って、あとはNISAを埋める。
そうすると、以下の国別割合になります。
f:id:takeboww:20171024140243p:plain

米国をコアにしつつも、オーバーウェイトしたい極東で31%。

うん、こんなもんで良いのでは。