いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

○○二郎 クソワロタwww

◇GE太郎のセンスは天才的だ

最近、GE太郎さんのブログがおもしろすぎて・・・。
もう、最高です。

f:id:takeboww:20171107180906j:plain

シーゲル二郎さんとはちょっと色々ありましたが、歴史的な和解(?)以降、仲良くさせて頂いています。
シーゲル二郎さんの記事は、フレッシュで誠実な感じがして、好きです。爽やかな好青年というイメージがぴったりです。
つみたてNISAの記事もわかりやすくまとまっていて、これから投資を始める人は、必見だと思います。

で、GE太郎さんの記事の何が面白かったかと言うと、シーゲル二郎さんにハンドルネームの改変を迫ってるんですね。
(ネタバレになるので、詳しくはGE太郎さんのブログを見てください。)

シーゲル二郎さんには申し訳ないのですが、爆笑してしまいました。

◇自分より面白い奴にいじられたら「おいしい!」と思わないといけない

僕は、大学で5年間、大阪の地で、「笑いとは何か?」を学んできました。

僕は18年間、九州にいたので気付きませんでしたが、大阪の人は常に「どうやったらもっとおもしろくなるのか?」を考えています
これが、本場、大阪の文化か・・・。と圧倒されました。

誰かをいじる=誰かにいじられる事を覚悟する

です。一方通行のいじりはダメです。

例えば、バラエティ番組に漫才コンビが出演していたとします。
司会が誤って、ツッコミ役に「ボケて」と振ってしまった。
ここで、「いや、俺はツッコミだから」と言うのはプロ失格です。
そんな事をすると白けます。

「ボケて」と言われたら、「ボケるしかない」のです。

それと一緒で、誰かをいじったら、誰かにいじられても文句は言えないのです。
怒るなんてとんでもない間違いで、「おいしい!」と思わないとダメです。

しかも、「明らかに面白い奴にいじられる」のは「めちゃくちゃおいしい出来事」なのです。


ひゃぁああうまい!!!

 

◇ますます目が離せないGE太郎のブログ

GE太郎さんのブログは本当におもしろいです。
コメント欄にストーカーみたいなのがいますが、あれだけ人気があるので、ストーカーがついても不思議ではありません。

まじめな話を少しだけします。
自分のブログを議論の場として提供し、オープンな議論を促す。
あれだけ影響力の有るブログなので、とても有意義な事だと思います。

特に米国株ブログはシーゲルの教えを歪曲し、連続増配企業への投資のみを正当化する集団が多数派です。
(ちなみに、バフェット太郎さんは、インデックス投資家よりの人。アレンジしてるだけで歪曲はしていない)
また、バリュー株投資の対極はグロース株投資ですが、本物のグロース株投資家はいません。
名ばかりのグロース株投資家で、アンダーアーマーを塩漬けにしている投資家もいます。
(グロース株投資は、良い物に飛び乗り、崩れたら降りるを徹底する手法なので、塩漬けはあり得ないのです。)

凄腕のグロース株投資家がGE太郎さんにアドバイスする事によって、その存在が認知され、米国株ブログの勢力図を変えるかも知れません



たぶん、まじめに書いた記事ではなくて、GE太郎がらみの記事が注目ランキングにあがるんだろうな。
でも、良いんです。おいしいから