いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

FANGの次のテーマは中国の製造業高度化だ

中国の製造業高度化は大きなテーマになると思います。
しかも、すぐすぐできるものじゃないので、かなり長く続くと思います。
僕はメーカー勤務なのですが、すでに影響を受けています。
詳しく説明していきます。

◇半導体製造装置が熱い

半導体ファウンダリが中国に積極的に投資しています
噂では、サムスン電子の中国工場のエンジニアが中国企業に引き抜かれ、更に、別の中国企業が引き抜く
なんて事が起きてるらしいのです。

恩恵を受けるのは半導体製造装置メーカーです。
AMAT、ASML、ラムリサーチ、東京エレクトロン、ディスコが良いです。

特にラムリサーチが面白いです。
熱酸化膜装置で世界シェア1位です。今、勢いがあるメーカーです。
f:id:takeboww:20171108175428p:plain

洗浄装置ではSCREENが約60%でシェア1位なのですが、シェアをラムリサーチに食われつつあります。
2位は東京エレクトロンですが、ラムリサーチのシェアの伸び率のほうがやや高いです。

日本株ではディスコがおもしろいです。

f:id:takeboww:20171108175505p:plain

ディスコは非常においしいビジネスモデルを持っています。
半導体の切削装置の世界シェアが8割もあります。
しかも、半導体の切削装置のカッターは消耗品で定期交換が必要です。
圧倒的なシェアを背景に消耗品を売りつける。
ぼろ儲けに違いないでしょう。

◇建機メーカーも良い。

建設機械メーカーも良いです。
中国は製造業の高度化のため、インフラ投資も積極的に行っています。
実は最近、産業機械のパーツ納期がすごく悪いのです。
中国製造業の高度化の影響を受け、物が入手しにくくなってます。
もう既に始まっているのです。
キャタピラーの決算で、中国での需要が今後も強いことが示されています。

キャタピラーとコマツが良いです。
僕もコマツを買おうか迷ってます。

f:id:takeboww:20171108175711p:plain

f:id:takeboww:20171108175733p:plain

◇まとめ

次のテーマは中国製造業の高度化。
半導体製造装置メーカーや建設機械メーカーが良いと思う