いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

嘘をつき続けた友達の末路

◇それでも俺は信じていた

もう会社をやめちゃったんだが、同期(M君)の話をする。

昼休みに恋愛事情(いつ卒業したか?)について皆で聞いてたんだ。
でも、聞くたびに話が違う。。。。

・高校で卒業したM君
・21歳で中洲川端で卒業したM君
・21歳で彼女ができて卒業したM君
・いまだ卒業していないM君

M君はとても真面目だった。
嘘をつくとは思えないんだ。

彼の言う事が全て本当だとすると、
タイムリープしているか、4重人格のどちらかしか考えられないんだ。

俺は「現代の技術では時空間移動はできないため、4重人格が妥当だろう」と思った。

昼休みに思い切って聞いてみた。
「M(M君の苗字)って何人くらいいるの?」

そしたら、
「5人くらいいるんじゃない。」
と答えが返ってきた。
「あぁやっぱり多重人格か」と妙に納得したのを覚えている。
「取りまとめ役をやっている人がいるの?」って訊いたら「いるんじゃない?」と返ってきた。

多重人格説が肯定された瞬間だ。

「今、話しているのは、コア人格なんだ」と皆が納得したんだ。

つまり、

・コア人格
・高校で卒業したM君
・21歳で中洲川端で卒業したM君
・21歳で彼女ができて卒業したM君
・いまだ卒業していないM君

の5重人格だったとわかった。

◇まさかのもう一人

彼が会社を辞めるというから、昼食メンバーで送別会をやったんだ。
同期の男5人と女1人(人妻)と、焼肉屋で送別会した。
みんなが気になるところは、「M君は卒業したのか?それはいつなのか?」という事だ。

・コア人格
・高校で卒業したM君
・21歳で中洲川端で卒業したM君
・21歳で彼女ができて卒業したM君
・いまだ卒業していないM君

俺達は5人のうちの誰かを呼んだつもりだった。

もちろん、夜だし、お酒も入っているし、訊くだろ?
本当の事を言ってくれると。

みんなは「中洲川端で卒業したM君」が真実だと思っていた。

そしたら、「中学の時、卒業したM君」が現れた

いや、お前誰だよ?

俺達がハッテン場送別会に招待したのは

・コア人格
・高校で卒業したM君
・21歳で中洲川端で卒業したM君
・21歳で彼女ができて卒業したM君
・いまだ卒業していないM君

のうちの誰かだ。

・中学の時に卒業したM君

は招待していない。

また、中学の時に卒業したリア充なら、嘘をつく必要がない。
堂々と「俺は中学生の時に卒業した」と言えばよい。
僕達の送別会は大きな疑問が解決しないままお開きとなってしまった。

◇後日談

実は送別会にO君という人が一緒にいた。
O君とM君は同じ大学出身だ。

実はO君の友達はM君と同じ研究室だった。

O君から衝撃の事実を聞かされたんだ。

「俺って、童貞なんだよね」と研究室のBBQで暴露し、微妙な空気になった事がある。

なぜ、最後の最後まで嘘を付くんだ。
グループの送別会もあったけど、個別でもう一回送別会開いた同僚に、
本当のことを教えてくれても良かったんじゃないか・・・・。

俺、気を使って、君が残した設計不具合の地雷原に、先輩がぶち切れていた事を黙ってたんだから。
「俺の設計大丈夫?」って聞かれた時、「だ、大丈夫だよ」と言った俺の気持ちを返せ。

つまりだ!

一度、嘘をつくと、嘘を嘘で塗り固め、二度と真実を話せなくなる。
嘘は方便と言うが、使い道にはよく気をつけようぜ!