いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

コミュニティーについて

米国株ブログ村というコミュニティーについて考えてみたい。

◇INポイント順ランキングは良くない

ブログ村がユーザーを最優先とせず、運営の繁栄を優先したがため、弊害が起きている。
何かと言うとINポイント順のランキングの事だ。

彼の話をする。
彼にとってブログ村は既に用済みだ。
何故かと言うと、ブログ村からの流入よりも、検索エンジンからの流入の方が圧倒的に多いからだ。
INポイントとOUTポイントを見ればわかる。

むしろ、ブログ村は邪魔だろう。
彼の投資手法を定量的に分析し、欠点をロジカルに指摘する輩もいる。
そんなものは見せたくないはずだ。

一方で、ブログ村にとって、彼の存在は大きい。
アクセスを提供してくれる優良コンテンツだ。
ブログ村も広告掲載で成り立っている。
AdSense収入だ。
アクセス数は多ければ多い方が良い。
INポイントが多いブログは貴重だ。

ユーザーにとっては、PVもしくはOUTポイントの方が有用だと言うのに。

INポイントの多いブログをいじったとき、記事が消された。
関係の無い記事もだ。
誹謗中傷でも何でもない、ただのネタ記事だ。
INポイント順ランキングを重視するから、このような変なことが起きる

◇コミュニティーの今後を考えよう

ブログ村に文句を言っても仕方がない。
様々なカテゴリーのブログをまとめたサイトは有用だ。
少し問題があるが、有用なサイトである事は変わりない。

さて、米国株ブログ村をどのようなコミュニティーにしたいかを良く考えてほしい。
プロレスのようなマイクパフォーマンスが飛び交うコミュニティーが良いのか?
最初は面白いかもしれないが、エキサイトしすぎ、ただの誹謗中傷になっていた。
そのようなコミュニティーで良いのか?


誰かが一位であり続けて欲しい。 

そういう発想は一旦脇におき、どのようなコミュニティーにしたいかを考えて欲しい。

俺の考えを述べておく。

投資ブログは誰かの失敗を学ぶ場所だ。
つまり、失敗をオープンにできる雰囲気が望ましい。
個人投資家は多くの失敗をする。
プロではないから、失敗が多い。
だからこそ、他人の失敗を学び、自分が同じ過ちをしないことが重要だ。
本当に良いコミュニティーにしたいのなら、失敗をオープンにできる雰囲気を作ることだ。

◇韓国の外交とそっくりだ。

今の状況は韓国の外交とそっくりだ。
韓国の本当の敵は北朝鮮であり、中国、ロシアだ。
同盟国のアメリカ、同盟国の同盟国である日本は敵ではない。

しかし、北朝鮮の プロパガンダ に洗脳され、本来の敵を見失っている。

さて、失敗をオープンにできる雰囲気作る事こそ、株式ブログのコミュニティーに最も重要だと述べた。

失敗をオープンにできない雰囲気を作っているのは誰か?
良く考えてほしい。

誰がレッドチームで、誰がブルーチームなのか?


f:id:takeboww:20171118220140j:plain

良く考えてほしい