いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

株式投資の未来について④

◇やっとわかった

投資期間を30年程度に絞るとキャピタルゲインの影響が無視できない。
もちろん、配当再投資は大切なんだが、キャピタルゲインがほとんど狙えない銘柄ではなく、
キャピタルとインカムのバランスが大事だと思うと述べた。

でも、米国株ブロガーはしきりに高配当を推してくるし、
ポートフォリオを高配当株で埋め尽くしている人もいる。

とっくに死んでるはずなのに、97%は配当再投資を強調してくる

やっと理由がわかった

◇立派な心掛け

自分の資産を最大にするのではなく、子孫の事を考えた投資戦略なんだ。
配当再投資がリターンの97%を占めるまで、200年くらいかかる。

それまでに自身は死亡してるはずなのに、キャピタルゲインは無視してる。
インデックス投資ではなく、高配当戦略をとっている。

200年後は2217年だ。
ドラえもんが陳腐化している。
セワシ君も死んでいるだろう。
そうか!のび太がセワシ君の孫に資産を残すような感覚なんだ。


高配当戦略は孫の孫の孫に資産を残すための戦略だったんだよ!

f:id:takeboww:20171123185218g:plain

◇そこまで辛抱強く待てない

正直、俺にはそんな立派な心掛けはできない。
自分の老後で精一杯だ。
自分が死ぬとき、何かを残せればと思うが、玄孫や玄孫の孫の資産最大化まで考えることはできない。
気が遠くなりそうで、精神が持たないからだ。

高配当戦略は物凄い精神力が必要だ。
俺には無理
むちゃくちゃな高配当は買わない。