いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

新しい国が生まれた

◇マイクロン太郎爆誕

金曜日の場中、一時期、5%近く急落し、その後、反発した。

早く寝たので、見なかったが、起きてたら、余計なことをしていたかもしれない。

マイクロンの業績が伸びることは知っている。
しかし、買うタイミングが悪かった。
それだけだ。

下がればナンピンするしかない。

予想perは6.6倍だ。

下がれば下がるほど割安になるんだ。

俺は今日からマイクロン太郎だ。

◇絶対防衛ラインは40ドル

金曜日の急落も40ドルは死守した。
ここを破られたら、次は30ドルまで落ちていただろう。

f:id:takeboww:20171204102244p:plain

出来高もかなり急増している。
利益確定売りは結構浴びてるはずだし、バリュー投資家もだいぶ拾ってるはずだ。

短期筋はそろそろ売り終わるだろう。

◇SPYからの売りを凌げ

しかし、まだ終わりではない。
次はSPYからの売り圧力を浴びるはずだ。
SPYは加熱感がある。
税金が安くなるなら売ってくるはずだ。
ETFの売りは市場全体に波及するため、時価総額の大きい銘柄は影響を受けやすい。

しかし、マイクロンはそんなに大きくない。
耐えられるはずだ。

◇とにかく売り終わりを待つ

マイクロンは今年、めちゃめちゃ上がっているとは言え、割安だ。

40ドルなら予想PERは5.8倍だ。
35ドルなら予想PERは5.3倍。

株式市場の天井圏現象が身の回りでも起き始めてる。

あと一年だろう。

例外はない。

しかし、このままでは終われない。
最後の蝋燭の灯火は取りに行く。
蝋燭は消える前に一瞬燃え上がる。

マイクロンの需要のピークは恐らく、再来年の前半だ。

それを織り込み始めるのが、来年の夏頃だろう。

セリングクライマックスで、仕込む。