いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

シーゲル派 涙目。お前らのやってることはシーゲル流じゃない

◇シーゲル派 涙目

俺は今、猛烈に感動している。

f:id:takeboww:20171204191104j:plain

なんせ、米国株ONLY、しかも連続増配株ONLYのポートフォリオを
シーゲル教授自ら否定してくれたからだ。

www.financialpointer.com


シーゲル教授は、欧州株、新興国株をもっと増やせと言っているし、自身もそうしていると述べている。

素晴らしい。

◇それはただのスクリーニング方法

俺はこのブログで何度も述べてきた。

高配当戦略、セクター戦略、バリュー戦略は、割安株を見つけるためのスクリーニング方法だ。

統計的事実に基づき、これらの手法の優位性を述べてるだけだ。

シーゲル教授はたった一言で長期投資に必要なエッセンスを述べている。

業績の成長が市場の期待を上回ること

これに高配当、セクター、バリューは含まれてない。

高配当株が高配当たる所以は売られているからだ。
売られているから、高配当になっている。
高配当株に割安な株が落ちていることが多い。

人間はネガティブな要素に反応しやすいため、
高配当株には売られすぎな物が多く混じっていた。

それだけだ。

◇君らは一体、何派なんだい

さて、シーゲル派の皆さんは、この記事になんと反応するだろうか?

シーゲル教授はバリューを重視している。

市場の期待が低ければ、その期待を上回る確率が高い。

「シーゲル教授は新興国の割合を増やしているけど、連続増配株が市場平均を上回るんだ」。
あるいは、
「米国企業の還元意識の高さが高リターンを生むんだ」

とでも言うのだろうか?

そんなのとっくに織り込み済みだと思わないのかい?
それが米国株のPERが他の地域より高い理由だと思わないのかい。

一体、君は何派、何流なんだ?

ただの我流だろう。

いい加減、自分のポートフォリオをシーゲル流と名づけるのはやめたらどう?