いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

MUが反発した時の心境を語る

◇素数を数えて落ち着け

昨日は俺のお気に入りのマイクロンテクノロジー(MU)が反発してくれた。

高値から-20%となり、俺のMUも-12%の含み損だった。
そこからの反発で、場中+5%を越える場面もあった。
買いたい気持ちをぐっと抑えた。

SQで一度失敗している。
もう二度と同じ失敗を繰り返さない。

朝起きると、「おはぎゃあ」かもしれない。

俺は素数を数えた。

f:id:takeboww:20171206132818j:plain

朝、起きた。
あそこで買わないで正解だった。
決算までダルダルな展開だろう。

これからヤレヤレ売りとポジポジ病が激戦を繰り広げ、
決算結果しだいでどちらが勝つか決まる。

そんな展開だ。

◇グロース株とお別れ

そうそう、場中でVISAを売ってしまった。
アメリカの金利が一気に上がりそうだったのでビビッてしまった。

金利が上がると、グロース株は終わるので、逃げを優先してしまった。

結局、金利は上がらなかった。
ドイツ国債の動きを見ると、金利が凄い勢いで下がっていたので、釣られたのだろうか。

まぁ、いずれ高PERグロースのVISAは手放す予定だった。

この資金はマイクロンのナンピンに使う。

◇俺のリサーチに狂いはない(キリッ!)

何度も言うが、マイクロンは俺の客であり、俺はマイクロンの客でも有る。
やはり、よく知った銘柄に投資しなければ。

取引先が年末の挨拶に来ている。

俺はよくこう聞くんだ。

「マイクロン製品のリードタイムって短くなってないですよね??」

ってな。

「いや、全然入らないです」

と答えが返る度に、

「そうっすか。困りますよね」

と返している。

心の中では、
「マイクロン爆益来るか!!!
っしゃーーーー!!!」

となってる。

あんまりにもしつこく聞くから、「こいつ、マイクロンの株買ってんじゃね?」
と感づかれてるかもしれない。

電子部品は本当に手に入らないらしい。

ムラタのコンデンサなんかマジで入手できない。
電子部品系の商社の株も面白いかもしれない。
数年前の10倍の価格で売りつける奴もいるらしい。

という事で、電子部品と半導体需要は旺盛だ。
メモリも入手しづらいし、アナログ半導体も入手性が悪い。

◇まとめ

買いたい衝動を抑えることを学び始めた。
買いたい衝動に駆られたら、素数を数えて、落ち着かせる事をオススメする。