いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

失敗を振り返る

失敗を振り返るシリーズを記事にしようと思ったが、
あまりにもださすぎる失敗を繰り返しているので、
記事に上げるのは恥ずかしすぎて止めた。

失敗の原因はだいたいわかってる。

・ポジポジ病
・わからない物に手を出す。

この二つだ。

◇失敗を活かす。

ポジポジ病を抑えるには本格的なバリュー投資思考を学び、
頭に叩き込まなければならない。

賢明なる投資家

を読もう。

やはり、バリュー投資の始祖、
ベンジャミン・グレアムの考えを学ばなければならない。

この考えは必ずいかせる。

株式市場が暴落し、半導体メーカーが大赤字で苦しんでいるときに、
tsmcやマイクロンを仕込んでやる。

◇わからない物に投資をしない

俺がわかる業界は半導体業界しかない。
なので、ハイテク系は半導体株しか買わない。

具体的には、

インテル、tsmc、マイクロン

この3社のみにしよう。

他のハイテクにはもう手を出さない。
絶対、理解できないからだ。


他の個別株はよっぽど自信がある株しか買わないようにしよう。
しかも、ものすごくわかりやすくて、マクロ的な追い風がある株

銀行株

金利が上がれば、業績が伸びる。
簡単だ。

◇現在の個別株はどうしようか

他にも
マクドナルド
エクソン・モービル
コカ・コーラ

この3つはどうしたものか・・・。

もう、個別株はあんまりやりたくない。
しかし、売るのはもったいない。

コカ・コーラは配当マシンとして、NISA口座を潤す立場だ。
しかも、含み益がのっている。
売るのはもったいない。

エクソンも同じだ。

マクドナルド。

こいつも、世界人口の増加にそのままベットする株だ。
含み益だし、売るのはもったいない。

◇個別株の割合を減らしていこう

やはり、確信が無い個別株は割合を落として行くべきだろう。
当たり前なんだが、その当たり前の事ができてなかった。

業績の伸びを確信できる株はほんの一握りだ。
競合、取引先、顧客、よく使うサービス。
あとは、マクロ要因で簡単に理解できる物。

あったら良いな
は無くて良い物。

エンジニアの話をしたが、ポートフォリオの設計美もそうなのかもしれない。

www.takeboww.com

無駄なものは排除する。

2017年に学んだ事は、必ず、2018年に活かす。