いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

つみたてNISA導入か!?暴落に備え始める。

つみたてNISAを導入しようかと思っている。
というのも、

「120万円の非課税枠があるけど、一気に投入しても、大きなリターンが見込める局面じゃなくね?」

というのがその理由だ。

なら、年間40万円、ちょぼちょぼ投資したほうが良いし、
チャンスが来たら、がっつり買った方が良い。

という結論になりそうだ。

非課税枠は確かに大きい方が良い。
しかし、非課税になるためには儲けないといけない
もう、大きく賭けて儲かる局面じゃない。

株価のバリュエーションはだいぶ高くなってきているし、金利も上昇している。
そして、イールドカーブの完全フラット化も時間の問題だ。

この局面で大きく稼ぐには、株式と負の相関をもつアセットクラスを安値で仕込む必要がある。

それは、金か金鉱株だが、2018年中にチャンスが来るとは限らない。

となれば、機会損失を抑えつつ、やられる時のダメージを軽減するのが良い。

答えは簡単だ。

現金比率を高めつつ、ちょびちょび投資をする。

それには「つみたてNISA」がぴったりだ

新興国を多めにする。
安いからだ。
個別株はだんだん減らしていき、まずは金融株への乗り換え。
そして、金鉱株の仕込みに備え、ドルキャッシュを多めに持っておきたい。

この景気は持っても、2019年までだろう。

その時に1オンス1000ドル以下で、金を仕込みたい。
できれば900ドル以下。

これはドルではなく、東証で買おうと思う。
わざわざドルで持つ必要が無いからだ。

そして、1オンス=800ドル前後で金鉱株を買う。
ETFはGDXだ。

リーマンショック前後のチャートを見れば、
俺の狙っている事がわかるだろう。

f:id:takeboww:20171211221547p:plain

f:id:takeboww:20171211221650p:plain

先進国の長期金利を見比べる。

米国:2.4%
ドイツ:0.4%
日本:0.05%

緩和余地が最も大きいのが、米国だ。
つまり、ドルが一番安くなる
ちなみに緩和余地が最も無いのは円だから、円が最も高くなる

金はドルで取引されるから、ドル安は金価格の上昇を意味する。
金価格の上昇は金鉱株の上昇を意味する。
ついでに、このタイミングでドル円をショートできれば完璧だ。

ここまでは理解できた。

あとはタイミングだけだ。

それをずーーーーと待つことにし、つみたてNISAでちょぼちょぼ投資を継続する。