いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

VGK-TOP25の予想PER

VGKの上位25まで、予想PERを調べてみた。
ソースはmorning star.com

企業名比率実績PER予想PER
Nestle2.49%28.1922
Novartis1.8930.9116.22
HSBC Holdings1.8736.0513
Roche Holding AG1.6621.6823.6
Royal Dutch Shell PLC Class A1.3425.0716
BP PLC1.234.5316
Total SA1.1717.5115.9
Royal Dutch Shell PLC B1.1425.3416
Banco Santander SA113.0811.9
Bayer AG0.9922.3716.5
Allianz SE0.9922.3716.5
Siemens AG0.9616.1124.3
SAP SE0.9631.6124.3
Basf SE0.9316.4812.5
Novo Nordisk0.8521.2720.2
Unilever0.8323.919.5
Anheuser-Busch InBev SA/NV0.8257.0222.4
Diageo PLC0.824.6520.9
GlaxoSmithKline PLC0.7827.3812.1
AstraZeneca PLC0.7723.514.7
BNP Paribas0.7710.5713.7
Vodafone Group PLC0.76-27.9
Daimler AG0.758.029.8
計28.01%23.70(平均)17.03(平均)

◇所感

予想PERがずいぶん下がる。

23→17倍ということは、EPSは35%伸びるという事だ。

金融が多いため、欧州の金融緩和縮小でEPSが伸びるのだろう。
失業率も下がってきているし、いよいよ欧州の本気が見れるかもしれない。

f:id:takeboww:20171219192953p:plain

三角保ちあいを上にブレイクした。
教科書的にはここから買いだろう。

◇方針

ポートフォリオの分散性を高めるために、買おうかと思っている。
新興国の方がPERは安いかもしれない。
しかし、新興国ETFの高リターンの理由はアメリカと一緒だ。
アメリカがFANG主導の相場なら、新興国は中国IT企業と、韓国、台湾の半導体企業主導の相場だった。

バリュエーション的に韓国をオーバーウェイトしたい気持ちはある。(サムスン電子-PER9.5倍、SK-hynix:6倍)
しかし、中国のネット企業は遠慮しておきたい。

アメリカと中国、1位2位の経済大国による金融引き締めを甘く見ないほうが良い。
セオリー的にはグロース株は売りだ。

台湾はiphoneが微妙だったので、どんどん資金が逃げていく。
tsmcはエヌビディアのGPUやビットコインマイニング用のASICで業績拡大が見込めそうだが、
最大顧客であるアップルの主力製品iphoneがあんな感じだと厳しいだろう。
(tsmcの売上の15%はアップル)

ヨーロッパはマクロ的な要因で期待できる。
金融引き締めによる金融株の上昇、景気回復による一般消費財株の業績拡大。
ハイテク企業の業績拡大に頼る新興国よりも、ヨーロッパのほうがわかりやすい。