いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

配当利回りを根拠に、グローバルな割安度を図る

どもかしこも株高だ。
真に安いと言えるのはロシアくらいなものだ。
トルコもそうだけど。

共通しているのは米国から嫌われている国だ。

それ以外の国は割高感が出てきている。

それでも何とか割安な地域に投資したい。
分配金利回りをまとめてみた。

全て、isharesのドル建てETFで比較している。
利回りの出展元はdividend.com

◇主要ETFの分配金利回り

国名ティッカー分配金利回り
米国IVV1.89%
日本EWJ1.34%
欧州IEV3.48%
アジア太平洋(日本以外)EPP5.25%
新興国EEM3.05%

分配金利回りから見ると、アジアパシフィック地域、欧州に投資妙味がありそうだ。

日本は米国に比べると安いはずなのだが・・・。
これは株主還元意欲の差だろうか。

アジア太平洋は利回りが良い。
これは豪州の配当利回りが良いからだ。
金融が多いので、金利上昇局面では有利に働く気がする。

香港はドルペッグ制、シンガポールは通貨バスケット制なので、
米国の金利が上がれば、両国の金利も上昇する。
豪州はそろそろ利上げをしても良いと思うのだが・・・。

「米国よりは割安」と言えるので、投資妙味があると思う。

欧州もそこそこの利回りがある。
英国も高配当株が多いのだが、英国の割合は25%程度だ。
やはり割安なのだろう。

以外にも新興国ETFの利回りが欧州を下回った。
時価総額上位は中国のネット企業だ。
もちろんこいつらは無配。
時価総額上位で高配当だと言える銘柄はtsmcくらいだろう。

◇マイナーなETF

ここからはマイナーETFを攻めていく。

国名ティッカー分配金利回り
ロシアERUS6.23%
韓国EWY5.97%
マレーシアEWM9.38%
新興国小型株EEMS3.86%


マレーシアの分配金利回りが高いのはよくわからない。

ロシアは単純に嫌われている。
石油株が嫌われているのと同様、ロシア株も嫌われている。
ロシア企業の30%がエネルギー産業だ。
外交的にも良くない。

韓国は北朝鮮リスクのせいで、PERが低く抑えられている。
かと言って、韓国企業が駄目なわけではない。
サムスン電子やSK-hynixは過去最高益だ。

世界のメモリの半分は韓国で作られている。
ADRがあれば、サムスン電子を買うのだが・・・。

また、EEMよりもEEMSの方が利回りが高い。
中国のグロース株の比率は下げておきたい。
今の局面で新興国に投資するなら、EEMSの方が良いだろう。

◇所感

やはり、米国は高い。
買うなら、アジアパシフィック、欧州、新興国だろう。
韓国ETFを個別に持つのも面白い。

韓国ETFは良いと思う。
企業業績は伸びるけど、地政学リスクでPERが低い。
バリュー投資家なら、ぜひ韓国ETFを買って欲しい。