いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

ザイリンクスーFPGAベンダーで買収されずに生き残ってる会社

今回もマイナーな会社を紹介しよう。
ザイリンクスだ。

まず、FPGAって何?から説明し、これから需要が増える理由を説明する。

◇FPGAとは

field-programmable gate arrayの略だ。

書き換え可能な集積回路。
そんな感じのデバイスだ。

集積回路とは以下のような論理回路の組み合わせで出来ている。

AND,OR,NOR,NAND,D-FF・・・

f:id:takeboww:20171226134059j:plain

演算により中のビットが0→1に切り替わるたびに、
複雑な回路を経て、1が出力されたり、0が出力されたりする。

古今東西、様々なデバイスがあるが、内部で起きていることは一緒なんだ。

FPGAはユーザーがプログラムを書き換えることで、
任意の集積回路に化けさせる事ができる。

◇FPGAとASICの違い

ある用途に特化した専用デバイスの事をASICと言う。
例えば、ビットコインのマインニングに使われるのはASICだ。
ビットコインのマイニングは市販のデバイスでは、採算が合わないため、
マイニング用に設計された専門ICを使用している。


メリットデメリット
ASIC専門化されてるため、高性能
量産単価が安い
開発期間が長い
開発コストが高い
開発リスク(仕様変更、設計ミス)
FPGA開発期間が短い
開発コストが低い
開発リスクが低い(プログラマブル)
低速でエネルギー効率が低い


簡単に言うと、
ASICは高性能だが、一度作ると変更できない。
FPGAは性能が低いが、何度でも変更可能。

これが大きな違いだ。

賢い人は気付くかもしれない。

FPGAの性能が上がれば、ASICいらんじゃん。と・・・。

その通りだ。

ASICの利点は高性能である事だ。
FPGAの性能が向上し、仕様に耐えうるなら、ASICをわざわざ作る必要が無い。

高性能ICが不要な製品では、実際にそうなっている。

例えば、液晶テレビ、ルーターなどだ。
たまに、「ファームウェアをダウンロードします。」
みたいなメッセージがあるだろう?

ネット回線からファームウェアをダウンロードし、
FPGAを書き換えているんだ。

ファームウェアを逐次UPDATEする必要がある場合、
ASICよりもFPGAの方が便利だ。

プログラミング可能なデバイスというのは、変化の早い社会にマッチしている
FPGAの性能が向上すれば、ASICを使っていた分野もFPGAに置き換える動きが出てくる。
ASICは開発費を回収する前に、時代遅れになってしまう。
なら、FPGAの方が無難だなと・・・。

FPGAについて詳しく書いている。
興味があれば。
www.fsi-embedded.jp


www.altera.co.jp

◇ザイリンクスの業績

ザイリンクスは高収益だ。

f:id:takeboww:20171226134217p:plain

株価が低迷する局面では仕込んでみたい。
もちろん、業績の拡大もあるが、買収されるというシナリオもある。
ライバルのアルテラはインテルに買収されたのだから。
ザイリンクスだって買収される可能性がある。

◇まとめ

ザイリンクスはFPGAベンダーで唯一生き残っているメーカーだ。
ザイリンクスは高収益企業で、FPGAの需要もこれから伸びる。
実績も将来性も抜群な企業だ。