いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

今年はドル安!新興国オーバーウェイトで勝つる

◇ドル安の時間

金利が上がっても、ドルは上がってこない。
ドル安、ドル安。

米金利が上がると売られる、円、金、グロース株、新興国通貨。
全部上がってる。

下がっているのは、ジャンク債だけだ。

一体、どうやったらドルが上がるのだろう。
金利が上がってもドル安なら、もう上がりようがないじゃないか・・・。

と言うことで、今年はドル安で決定したようなものなので、新興国株式を買う。

買うのはVWOではなく・・・こいつだ。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

ドル転が非常にだるい。
為替手数料、ETF買付手数料、配当にかかる課税。

これらでトラッキングエラーなんか、吹っ飛んでしまうのでは?

と言うことで、投信にしておく。
面倒なんだよね。

欧州もオーバーウェイトしておく。
実はこっそりVGKを買っておいたんだ。

◇個別株の方針

米国株の個別は減らす。

5つくらいでおなかいっぱい。

正直、高配当戦略は短気な人には向いてない。

現金比率を高く保っておき、今あるリスク資産はトレンドに全力賭けする。
全資産全力賭けは、高値から30%以上調整したら始動するつもり。

現在のトレンドとは「金利は上がるがドルは安い」だ。

ドル安に賭けるが、ドル高になるとギクシャクしてしまう。
なので、バンカメを増やしておく。

また、株式市場の下落にヘッジするために金鉱株を持っておく。
下落すれば、金が買われ、金鉱株が上がる。

BAC、XOM、GGくらいにしておく。

MU、LRCX、MCD、KOは売っておく。

MU、LRCX、MCD、KOはハイテクや高配当株だ。
金利が上がるとギクシャクするので、折を見て売っておく。

韓国のメモリ企業の値動きが相当弱い。
ウォン高を嫌気しているっぽいが、50%成長できるならウォン高など吹き飛ぶ。
なんか、あるのだろう。
知らんけど。

持ち株会の動きもこう着状態だ。
半導体の動きは全体的に鈍い。

◇国内小型株にチャレンジ

国内小型株にチャレンジしてみる。
ドル円が微妙な展開なので、大型輸出株は厳しいだろう。
しかし、リスクオン基調は続くと思う。
内需系の株が買われたり、大型株から小型株に資金が流れてくるかもしれない。

はっきり気づいたが、セミリタイアできるくらいの資金を気づくためには、
国内小型株で勝負するしかない。

大半は、インデックスや大型株に置いているので、
資産の一部なら勝負しても良いだろう。

地合いもかなり良いので、練習するとしたら今しかない。

やられるかもしれないが、覚悟の上だ。
「やるか、やられるか」なのだが、絶対にやられない覚悟で挑む。

◇まとめ

ドル安&金利上昇に乗るため、
新興国、欧州、金鉱株にオーバーウェイトし、金融株も多くする。

国内小型株にチャレンジする。