いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

ドル口座とidecoが助かっただけでもヨシとしよう

◇ドル口座とidecoで利益確定

好決算でも上がらんやったら、どうやったら上がるの??
決算で上がらん株はもう全部売りや!!!

と言う感じで、1月末に、マクドナルドやラムリサーチを売った。
エクソンも切った。
ついでに
「高配当はやられる!!売りや売りや!!」
という感じでコカコーラも切った。

これらの利益は確定できた。
このタイミングで全部撤退すれば良かったのだが、思いつかなかった。

idecoも2/7に約定して、利益確定。

新興国ETFも利益確定した。

「アカン!!リスクオフのドル高や!!!
もう逃げや、逃げ」
って感じだ。

途中で余計な事をしたので、利益は減ったが、ドル口座はほんの少しだけプラスだったので満足。
練習中の日本株は-3万円だったが、仕方ない。
損失を-8%に抑えられただけマシだ。

投資暦2年の若僧が、大きな損を出さず、無事に撤退できただけでもヨシとしよう。

「今のあなたの実力はこれだけ。また頑張りなさい」

とい市場からのご神託だ。

◇助けられなかった奴らがいるが、まぁ良いか。

逆に助けられ無かった人達もいる

ジュニアNISAやつみたてNISA。
ドル転が面倒だからで買った新興国投資信託。

ジュニアNISAやつみたてNISAは40年後、15年後の資産だから、ここでやめてはダメだ。
大恐慌の-80%でも15年で回復したから、ドルコスト平均神を信じるしかない。

新興国投信は残念な結果に。
投資信託はやっぱりダメだ。
ETFはすぐ逃げられるけど、投信は逃げられない。。。

リスク資産は、債券ベアETFの2,000ドル。
ジュニアNISA45万円、つみたてNISA3万円、持株会25万円だ。

ジュニアNISAは15年後だから何とかなるだろう。

まぁ、良いんだ。
生活防衛資金も十分ある。
投資に回しているのは一部だけだ。

17,000ドルのドルキャッシュ。

色々な選択肢を用意しておく必要がある。
買い付け余力の多さは選択肢の多さに直結する。

眺めるだけでも良い。
米国株タヒね!!で、ショートしても良い。

唯一の心配は恐慌で会社が潰れないかどうかだ。

◇長期金利のチャートをミロ

発端は長期金利の上昇だ。
長期金利を見るんだ。
長期金利のチャートをだ。

そこに売りのサインはあるか??
無いなら、株は終了。
全部売りだ

長期金利の上昇が止まらないかぎり、株安は続く。

経済が強いから株が上がってきたんじゃない。
金融緩和があったからだ。

10年債に3%の利息がつくのに、益利回り4%の株を買うわけ無いだろう。

かなり深い傷になる。
PERの訂正がアンダーシュートするまで続く。