いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

バリュー投資家はブス専を褒め言葉だと思いなさい

今度からバリュー投資家をブス専
グロース株投資家をチャラ男

インデックス投資家を変態

と定義する事にする。

◇ブス専は褒め言葉である

バリュー投資家にとってブス専は褒め言葉だ。

チャラ男からブス専と馬鹿にされ、
頭にきてるようだとバリュー投資は向いてない。

バリュー投資の収益の源は、本当は美人なんだけど、
誰もその魅力に気付かず、ブスだと思われてる子を
ゲットする事
にある。

ブス専と罵られるのは、皆がその魅力に気付いてないという事であり、
これはバリュー投資家にとって買い増しのチャンスだ。

ここで、「やっぱりブスなのかなぁ??」と思い、
手放す人はバリュー投資をやらない方が良い。

まぁ、手放したくなる気持ちも分かる。


短い人生楽しみたい。
ブスと長期間付き合う羽目になるのは嫌だからだ。

◇バリュー投資の難しいところは

バリュー投資の難しいところは、
「自分の選択眼が曇っていたといつ認めるのか?」

この判断基準が無いので、とても難しい。

バリュー投資は割安だと思って買うから、
株価が下落すれば買い増すしかない。

下がり続ける限り、無限ナンピンしなければいけない。

いつ失敗を認めるかがはっきりしないのが、
初心者向けではない所以だ。

◇米国株ブログはブス専が多い

米国株ブログは高配当割安株投資している人が多い
つまり、ブス専が多い。

ここで、カッと来てはダメだ。
本当はグロース株を買いたい心を抑え切れてない

上でも述べたが、バリュー株投資家にとって、
ブス専は褒め言葉だからだ。
褒められていると思わなくてはいけない。


ブス(だと思われている)銘柄と付き合い、
ブス専と罵られて喜ぶ・・・。

バリュー投資家ってマゾ!?

(カッとなった人、アマゾン買いたい気持ちを隠しきれてないぞ)