いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

もう1人の客観的な自分

オリックスの中島(元マ)は流し打ちをする際、

ライト方向にスクエアスタンスを取ったもう一人の自分が現れ、
ライト方向へセンター返しをするらしい。

天才の言う事なので、全く意味が分からない

しかし、参考になる部分はある。
もう1人の自分だ。

◇ポジション正当化しだしたら危ない

含み損が増え、本当は損きりしたい人達は次の行動に出る。

自己正当化

あぁ、なんてこった。
そんな事をしても助からない。

グロース株投資家なら、一旦、手仕舞いだろう。
バリュー投資家なら、財務分析をやり直して、
継続保有で問題ないかの再点検だろう。

インデックス積立投資家は評価額をそもそも見ないほうが良い。

ポジション正当化なんていうのは負け犬がやる事だ。

俺もモルガンスタンレーの罠にはまった時、
業績成長に確信があったため、
つい、熱くなって正当化してしまった。

モメンタム投資で買ったのだから、やるべき事は利益確定であり、
どこで再エントリーするかを考えることだった。

ポジション正当化野郎は負け犬投資家だ。

◇もう1人の自分の声を聞こう

もう1人の自分の声を聞こう。
自分の事を客観的に見てくれる存在だ。

それはつまり、冷静な時に買い判断をした過去の自分だ。

ポジション取ったら、理由と解消する前提条件を書いておこう。
下落を目にして感情が入り乱れた時の自分ではなく、
冷静にポジションを取った過去の自分に売買判断を委ねるのだ。

◇実践的で有効なルール策定が一番良い

投資において邪魔なものは感情だ。
感情が判断を誤らせる。
感情を排除して売買したいものだ。

ルールを作るのが一番良いのだが、
コロコロ変えたり、そもそも論として、
有効なルールでなければ意味がない。

俺は一つだけ確立したルールがある。


「決算で上がらない株は売れ」

これで、マクドナルドも170ドル台で、
マイクロン・テクノロジーも57ドル台でおさらばできた。

f:id:takeboww:20180402133847p:plain

f:id:takeboww:20180402133859p:plain

実践的で有効なルールを作っていこう。

かなり割高になっている。
当面の目標としては生き残る事と有効なルールを作る事。

この2つにしよう。

俺はまだ若いからな。