いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

トレードを振り返っていく③

この辺からだいぶ恥ずかしい

◇ネットフリックス

買い理由

284ドルのブレイクアウト
ネットフリックスが一番強かったから

売り理由

狼狽売り

f:id:takeboww:20180410182654p:plain

これはダサい。
狼狽売りしてる。
この時はうつ病の一歩手前で、
1ヵ月後には実際に2週間ほど会社を休んだ。

そんな精神状態で取引したらダメだ。一流の選手が大事な試合で心技体をベストに持っていくのと同様、
株式投資でも心技体を整えなければならない。

日本ではケガをおして出場すると美談になるが、バカじゃない??
ケガをして、送球すらできないのにレフトを
守り続けるのはチームにとって迷惑だ。

そういう時はスタメンを辞退するのが一流だ。
投資も一緒。
心技体が揃わないのに、市場に臨んではいけない。

買うポイントも良くない。
日足のブレイクアウトで買ったが、
週足のチャートを見ると、押し目でも何でもない。

f:id:takeboww:20180410182825p:plain

買うなら、195ドルのブレイクアウトで買うべきだ。

ポジション取りたくなる病気を抑えないといけない。
一度、しっかり押して、週足レベルのトレンドラインに接した後のブレイクで買う。

◇アマゾン

買い理由

1490ドルのブレイクアウト

売り理由

狼狽売り

f:id:takeboww:20180411132516p:plain


これもネットフリックスと一緒なので省略。

◇まとめ

共通してるのが、しっかり押した後のブレイクで買う事を徹底できてない。
そこが徹底できていれば、これらの銘柄はポジションをそもそも取ってない。
ポジポジ病は敵だ。
買いは慎重にじっくりと。
売りは大胆に素早く。