いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

アメリカの金利上昇余地はどれくらい

たまには投資の話をしよう。
このブログは一応投資ブログということになっている。


世界景気が怪しくなってきた。
アメリカは強いが、怪しいところも出始めた。

ということで、アメリカの金利上昇余地もあまり多くないだろう。
長期金利3.5%程度までか。

理由は2つ

・欧州の緩和縮小が遠のいた
・米個人消費がピークに近い

◇打つ手なしのECB

アメリカの金利の鍵を握るのはドイツの金利だ。
ユーロ圏の投資家にとって安全な債券はドイツ国債だ。
アメリカ国債は為替リスクがある。

アメリカのイールドカーブはフラット化してるので、
為替ヘッジコストを考えると、
ドイツ国債が0.7%程度の利回りなら、
ドイツ国債を買った方が良い。

欧州の景気が強ければ、ドイツの金利が上がり、ユーロ高になる。
ドイツ国債の方が魅力的になると思われる局面で米債は買いづらい。
為替ヘッジなしなら、高利回りだが、ユーロ高になるなら意味ない。
つまり、アメリカの金利が上昇するためには、
欧州の景気が強く、ECBが引き締めに動く必要がある。

欧州の経済指標が悪化してるので、
ECBは引き締めに舵を切れなくなった。

言い換えると、ドイツの金利が低いままで、
ドル高なので、アメリカ国債に投資妙味が出てきた。

f:id:takeboww:20180505223251p:plain

f:id:takeboww:20180505223307p:plain

f:id:takeboww:20180505223318p:plain

◇個人消費は失速目前

二つ目の理由は、個人消費が失速しそうな事だ。
個人消費だが、耐久財(自動車など)が弱い
これは、金利が上がってるからだ。

歴史的に金利が低いから大丈夫というのはナンセンスだ。
そんな昔のことは誰も覚えてない。

自動車ローンを組む立場になって考えて欲しい。
金利が5%→7%になるときのインパクトと、
2%→4%になるインパクト。どちらが大きいか?
後者だろう。
だから、耐久財の数字が落ちてる。
もう一つは原油高。
原油高だと消費は弱くなる。
ガソリン代がかかるからね。

◇相場観

米大型株は危険だ。

金利上昇の影響受けずに成長できるハイテク、そして金利上昇を好感する銀行株くらいだろ。
生き残れるのは。

特に高配当株は死ぬ。
いや、もう死んでいる。


f:id:takeboww:20180506182208j:plain


ドル高にもなってる。
日経平均が米株よりも最近強いのは円安ドル高だからだ。

グローバル企業の高配当株は死ぬ。
いや、もう死んでる。
ドル高だからだ。
大事なことだから二回言った。

この局面でフィリップモリスを新規買い付けする奴は相当センスが無い。
高配当、債務超過、米国外売上100%。
ここから、15%掘っても驚かない。
俺なら利下げを待つけど。


金融引き締めは世の中のお金の量を減らす政策だ。
株と債券が綱引きをしているわけだが、最終的には債券が勝つ。
何故かというと、債券の方が安全だから。

つまり、株高がどこまで持つかは世界景気次第。
景気が落ちれば、債券を売る理由が無くなり、株を買う理由が無くなる。

そう。
株高が持続するためには、景気が強くて債券が売られなければならない。
つまり、金利が上がり、それに耐えられるのが株高の条件。
だから、この局面でフィリップモリスを新規買い付けする奴は相当終わってることがわかるだろう。

利益成長の鈍い高配当、債務超過、米国外売上100%。

利下げしてからで十分間に合う。
大事なことだから、二回言った。

◇ポジション

今はこっそりグローバルマクロ戦略を実施している。
日本株も少々あるが。

長期債の売りと金鉱株の買いだ。

今は引き締めメインなので、債券売りの方がやや多い。
どこかで債券売りを止めて、金鉱株の買いを増やすつもりだ。
金はブレークアウトすると思うけど、
予想に反してしないなら、
債券売りのポジションは円転する。

長期ロングできるのが理想だけど、
それはわからないし、追加資金も限られてるので、
暴落を喰らわない事が一番大事。
俺、機関投資家じゃないから、
フルインベストメントする必要もないしね。

金融緩和に転じた後は、温存してるキャッシュで
ハーモニーゴールドマイニングを買うつもりだ。
この銘柄はPSR=0.6と割安だ。

採掘コストが高いので、
ほとんど利益が出てないのだが、
金価格が上がれば利益が伸びる。

PSR=0.6で利益率が1%なら、PER60倍だが、
利益率が10%なら、PERは6倍になる。

時価総額が小さく、機関投資家はある程度株価が上がってからしか
ポジションをとれない。
アナリストも付いてない。

個人投資家が有利に戦える株なので、チャンスだ。

金鉱株以外の株が底を打つのはもうちょい後だろう。
その頃になったら、コスモス薬品、アメイズなど、
地場企業と割安小型成長株中心のポートフォリオを作ろうと思う。

東証二部、マザーズ、ジャスダック、福証、札証が地獄絵図の時に
小型成長株を華麗に仕込む。
F U moneyを手に入れるには
小型株が大型株になる過程を掴むしかないんだ。

自由を手に入れろ!