いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

アメイズを細かく分析した

地場企業×小型株で注目しているのがアメイズだ。

◇業績

業績は以下の通り。
f:id:takeboww:20180531085205p:plain

リーマンショックの影響を受けている。
ビジネスホテルなので、景気の影響は受ける。
2017年から利益の伸びが急激だが、
熊本地震の復興需要によるものだ。

売上内訳
飲食事業は横ばい、宿泊事業が成長のメインだ。
f:id:takeboww:20180531085218p:plain

キャッシュフロー
f:id:takeboww:20180531085233p:plain
デコボコしているが、営業CFは概ね右肩上がり。
フリーキャッシュフローはでこぼこしている。
これはホテル事業なのである程度の投資が必要なためだ。
次に紹介する店舗数の増減と見ればよくわかる。

店舗数と店舗辺りの宿泊売上
f:id:takeboww:20180531085245p:plain

おもしろいのは、1店舗辺りの宿泊売上が減少傾向にある時に店舗数を増やし、
増加傾向にある時は、店舗数を増やしてない事だ。
ホテル稼働率は景気の影響を受ける。
地価も景気に合わせて上下動するだろう。
つまり、この会社は逆張りで投資してる。


◇成長ストーリー

事業:郊外型ビジネスホテル
競合:なし
ストーリー:
日本の労働人口は減少しているが、製造業を中心に世界でシェアを保っている産業は存在する
それらの企業の工場およびサプライヤー工場周辺でのビジネスホテル需要はあるはず
現在の店舗数は77、会社計画では将来300店舗。
郊外型ビジネスホテルには今のところ競合が存在せず、先行者利益を得る事ができるだろう
300店舗まで出店した時の利益は今の3倍程度になるだろう

◇理論株価と買い水準

DCF法という方法で求めてみた。
フリーキャッシュフローは長い目で見れば
年率18%程度で成長している。
18%は出来すぎなので、成長率10%、割引率15%で現在価値を計算してみた。

現在価値:190億円

現在、時価総額280億円。

  • 30%あたりが一つの買い出動基準だろう。

現在の配当利回り1.51%なので、半分になれば、利回りが3%になる。

ちなみに、この企業は親族経営のためか、減配履歴はない。

ということで、株価的には2/3
つまり、1200円あたりから買いを考える。

できれば、配当利回り3%、1000円以下で買えるように努力しよう。

◇まとめ

アメイズ

・郊外型ビジネスホテル
・景気敏感株

株価水準
1200円買いたい
900円是非買いたい
725円お買い得