いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

RSテクノロジー分析

RSテクノロジーを分析した。

◇事業

・ウェーハ再生加工(ダミーウェーハ)
・ウェーハ酸化膜成膜加工
・ウェーハ販売
・太陽光発電事業
・超音波映像装置
・コンサルティング
・ケミカルフィルタ
・半導体製造装置買取・販売

複数の事業があるが、主力はウェーハ加工事業だ。

◇業績

f:id:takeboww:20180608132202p:plain

綺麗に伸びている

f:id:takeboww:20180608132219p:plain

キャッシュフローだが、投資が多い。
この事業規模で半導体製造装置を買うのはしんどいだろう。

◇ストーリー

微細化に伴うプロセスの複雑化
プロセス検証のためダミーウェーハ需要が増える。
IoT、AIに伴い、CPU、メモリ、アナログ半導体などウェーハ需要が増える。

こんなところだろう。

以下が国内大手ウェーハ生産会社SUMCOとの売上成長率の比較だ。

f:id:takeboww:20180608132240p:plain

RSテクノロジーの方が高い成長率を誇っている。
ダミーウェーハが伸びてる証拠だ。

プロセスの線幅はどんどん細くなっている。

ロジックのテクノロジー別構成比率
f:id:takeboww:20180608132320p:plain

そのぶん、高度なプロセスが必要になり、
ダミーウェーハによる検証の出番はもっと増える。

◇強み

IR資料を見ると二つの強みを持っている。

・膜の剥離技術

・金属不純物除去(特にCu)

Cu除去に強みを持っているのは大きい。
かつてインテル入ってるは銅汚染により、
大量のLOT不良を発生させてしまった。

それ以来、Cu汚染に関するルールが厳格され、
Cu汚染エリアのエンジニアと
そうじゃないエリアのエンジニアのCR内での接触が禁止されている。

違反者がいないか蛇のペニーが目を光らせている。

プロセスエンジニアじゃないから、
これ以上はわからないが、
銅汚染はそれくらいやっかいなのだ

◇株価指標

以下がチャート
f:id:takeboww:20180608132515p:plain

PER:37.69倍
PSR:7.30倍
PBR:13.86倍
ROE:27.60%

◇買いを考える時

長期ならシリコンサイクルの底で仕込みたい。
赤字のときが狙い目。

半導体需要は近い将来ピークを打つが、
長期的に見ればもっと増えるだろう。

現在の時価総額は780億円程度。

時価総額400億円程度で買えたらかなりおいしい。