コロナ禍という過程は消し去り無限QEという結果だけが残る

IPO銘柄がバブってる

サイバーセキュリティクラウドが今日もSTOP高
2週間前は12000円だった。
2週間で3倍はちょっと異常だ。
あのガンホーですら初動から2倍になるのは2か月かかっていた。

株式市場はスタンド使いか瞳術使いの模様

世界の中央銀行がMMT的な政策を発動した結果なのか、早くも史上最高値更新へ向けた話も出てきている。
コロナによる景気の悪化という過程は消し去り、無限QEという結果だけを織り込みに行っているのだろうか?

私はとあるスタンドを思い出した。

キングクリムゾン

自分にとって都合の悪い出来事を確実に回避しつつ終始有利な状況を作り出せるという凶悪無比な能力である。

もしくはイザナギだろうか?能力を使った後は失明するという事象からこちらの方が近いかもしれない。

イザナギ

自分に幻術を掛け、自分にとって都合が悪いことは夢に、都合の良いことは現実に書き換える瞳術

と、強気相場突然にやってくるものだから、備えは常にしておかないといけないと痛感した

持ち株の様子

レーザーテック

最高値を更新。
中国の一部半導体工場は通常稼働に戻っているという情報も入っている。tsmcをはじめとするロジックの顧客の設備投資額が変わらないようなので、何も心配する必要はないはずだ。

IRJ

7000円を突破
先期から業績成長が加速している。
他のコンサルの決算を見る限り、コンサル系はコロナ禍でも影響を受けてないようだ。

東洋合成

やや下落。
こちらはEUV向け感光材料が成長の原動力。
tsmcの装置稼働率的にロジック向けはかなり好調な模様。