EUV関連企業に死角なし

2020-07-12

ポジションは持っていないのだが、関連性が高い企業の決算だったのでまとめた

東京応化は材料事業が好調

エレクトロニクス機能材料部門の売上高は、前年同期を上回る156億22百万円(同15.3%増)となりました。
これは、ディスプレイ用フォトレジストにおいて、スマートフォン市場の低迷を受けて売上が減少したものの、デー タサーバー向けなどで半導体需要が好調に推移したことにより、韓国・台湾地域において半導体用フォトレジスト や、高密度実装材料の売上が前年同期を大幅に上回ったことが主な要因であります。
高純度化学薬品部門の売上高は、前年同期を上回る116億44百万円(同17.5%増)となりました。
これは、ディ スプレイ用フォトレジスト付属薬品において、ディスプレイ市場の縮小から販売が低迷し、売上が減少したものの、台湾向けの最先端半導体製造プロセスに使用される半導体用フォトレジスト付属薬品の販売が好調に推移したことが主な要因であります。

東京応化 決算短信より

韓国・台湾地域において半導体フォトレジスト・・・
どうみてもサムスン電子とtsmcです。
ありがとうございました。

台湾向けの最先端半導体製造プロセスに使用される半導体用フォトレジスト付属薬品の販売が好調に推移した
どうみてもtsmcのEUVリソグラフィ向け薬品です。
ありがとうございました。

ウシオ電機は光学装置部門が好調

[光学装置] 主にスマートフォン市場の低迷による需要の減少、新型コロナウイルス感染拡大の影響による稼働低下や一時工場 停止による販売後倒しにより、プリント基板向け直描式露光装置の販売は減少しました。
一方で、IoT進展に伴うデータセンター向け需要の増加を背景とした最先端ICパッケージ基板向け分割投影露光装置の販売や、スマートフ ォンなどのディスプレイ分野における狭額縁化を背景としたロール搬送投影露光装置の販売が増加しました。
また、 EUVリソグラフィ技術開発進展による次世代半導体の量産化ニーズの高まりにより、EUVリソグラフィマスク検 査用EUV光源の販売が増加しました。
その結果、光学装置全体で、前年同期比で増収となりました。

ウシオ電機 決算短信より

EUVリソグラフィマスク検 査用EUV光源の販売が増加しました・・・
はい、レーザーテックさんのEUVマスクブランクス部欠陥検査装置の光源ですね。
ありがとうございました

全く問題なし

というわけで今の主要ポジションであるレーザーテックと東洋合成の業績に現時点で懸念はないだろう。
自らの決算と他社の決算が証明してくれた。
とても良いポジションをもっているので自滅しないようにしよう