セクターローテーション

嫌な流れ

セクターローテーションが起きている。
今日はレーザーテックがそこそこ売られた。
同じように上がってきたモノタロウなども売られている
逆に日産自動車などの糞株出遅れ株が上がっている。

日経平均は強かったが、新興株はあまり上がっていない。
日経平均もユニクロ、ファナック、ソフトバンクといった寄与率の高い銘柄を中心に嵩上げされている。
この流れがいつまで続くかわからないが、しばらく我慢の展開のようだ。

押し目買いのチャンスを狙う

他の投資家の利益確定は我慢の時だが、押し目買いのチャンスでもある。
レーザーテックの場合、前回の押し目では出来高が半分程度に細っていた。
そのため10日移動平均線からの反発で買った。
今回は前回の押しよりも出来高が多く、10日移動平均線では止まらないだろう。
次の目安は25日移動平均線あたりと思われる。
出来高が枯れたのを確認した後、ポケットピポッドで購入を狙う。

東洋合成も売られているがあまり出来高は多くない。
こちらは10日移動平均線あたりで止まると思われる。
10日移動平均線まで押して出来高が枯れるのを確認してから、反発で買う。

無理して分散しなくて良いかな

現在、6銘柄持っているが、4銘柄はほとんど役に立っていない。
含み益の88%が東洋合成とレーザーテックによるものだ。
どちらもEUVというテーマだ。
こんな感じでド本命テーマから特に優れた銘柄2つ。
合計4つくらいで良いような気がする。
セクターローテーションはもろに喰らうが仕方ない。
1年で倍になるような銘柄自体が超少数派だ。
それらが似たようなセクターに偏って分布し、値動きが似通るのも自然な話だろう。
セクターローテーションに気を取られずに優れた銘柄だけをピックしていきたい。