グローバルニッチトップ株持ってます

主力2銘柄がランクIN

経済産業省が選ぶ世界市場のニッチ分野で勝ち抜いている企業や、国際情勢の変化の中でサプライチェーン上の重要性を増している部素材等の事業を有する優良な企業約100社らしい。

https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/gnt100/index.html

レーザーテックと東洋合成が選ばれていた。

レーザーテックはEUV向けマスク欠陥検査装置を製造している会社で、グローバルシェアは100%

東洋合成はフォトレジスト向け感光材料で世界シェア50%を占める会社だ。
EUVレジストは東京応化や信越化学など日本企業が100%近いシェアを握っており、それらの会社に材料を販売している。

どちらの会社もEUVプロセスにはなくてはならない会社だ。

ちなみに弊社は載ってなかった

半導体の川上工程は日本企業の独壇場

日米半導体協定により日本の半導体メーカーは大きな打撃を受け、代わりに台湾、韓国メーカが伸びた。
半導体メーカーで世界と戦える企業はキオクシアとSONYくらいだろう。
しかし、材料になると日本企業の独壇場になる。
微細化が進むにつれより高純度の材料が必要とされる。
中国、韓国も半導体材料を製作できるようになると思われるが、付加価値の高い最先端向けは日本企業の独占状態が続くだろう。
開発段階で作れましたというのと量産しても品質が変わらないというのはレベルが違う。

IR発表で大幅高

1/3利確したのが馬鹿らしくなる。
会社のIRよりも前に発表されていたんだが・・・
レーザーテックはまだまだ業績が伸びると思うが、EUV向けの検査装置が行き渡るといずれ止まる。
一方で東洋合成の方はEUVでの量産が増えるとさらに業績が伸びる。
東洋合成の方が相場が長いと思われる。