AMD好決算 AfterMarketで+10% 新高値

AMDの決算は予想を上回る

AMDの決算発表があったが、内容は良かった。

Q2実績

売上EPS
予想1.860.16
実績1.930.18
差異3.8%12.5%

Q3ガイダンス

売上EPS
予想2.440.31
会社発表2.55
差異4.5%

通期ガイダンス

売上EPS
予想8.391.01
会社発表8.89
差異6.0%

詳細

Revenue

売上はYoYで+26%となった。
会社側の説明によると、先端向けのComputingとGraphicsセグメントが業績をけん引
RyzenやEPYCが主導したことにより前年より粗利が向上。
ただし、セミカスタムが伸びた影響でQoQでは粗利率は低下
Ryzenの売上がYoYで45%伸びている。RyzenはAMDの主力CPUシリーズであり、これは良い傾向。
ノートブック向けのプロフェッサの売り上げは過去最高との事
一方でグラフィックはq/qでは5%減少

Average Selling Price(ASP)

Ryzenの売り上げが伸びたことによりAverage Selling Priceはyoyで上昇。しかし、モバイル向けの伸びが多かったことでqoqでは減少となっている。

Strategic news and highlights

要約するとRyzen4000搭載のノートブックが発売される
Appleのプロフェッショナル向けノートPCとDellのゲーミングノートにRadeonが搭載される予定
2020年後半にはZen3の新しいアーキテクチャCPUとGPUの発売を目指しているとのこと

時間外取引でも好感触のもよう

時間外取引で+10%となっている。
僥倖!!