AMD購入

7/22に58.27、7/23に61.70で購入

チャート

2018年来の高成長

AMDの直近の業績を見てみると、2018年来の成長率となっている。

リモートワークの普及など、データ需要が爆発的に増え、各社データーセンターへの投資を拡大している。
AMDのCPUはシングルスレッド性能こそIntelに劣るものの、コア数が多い。
CPUの性能をフルに使うマルチスレッド処理ではコア数の分だけIntelを上回る。
データーセンターのような負荷の高い処理では多コアのAMDの方に分があると思われる。

粗利の大きい最先端向けの需要が増えている

Q1 2020 Results
• Revenue was $1.79 billion, up 40 percent year-over-year primarily driven by higher Computing and
Graphics segment revenue. Revenue was down 16 percent quarter-over-quarter due to lower
revenue in both segments.
• Gross margin was 46 percent, up 5 percentage points year-over-year and 1 percentage point quarterover-quarter, primarily driven by Ryzen™ and EPYC™ processor sales.
• Operating income was $177 million compared to operating income of $38 million a year ago and $348
million in the prior quarter. Non-GAAP operating income was $236 million compared to operating
income of $84 million a year ago and $405 million in the prior quarter. Operating income improved
year-over-year primarily driven by revenue growth and a greater percentage of Ryzen and EPYC
processor sales. On a sequential basis, operating income declined due to lower revenue and higher
R&D expenses.

AMD Reports First Quarter 2020 Financial Results

AMDのリリースによると、RyzenとEPYCが伸びている。
Ryzenはnotebookやデスクトップ向けのCPUでEPYCはサーバー向けのCPUである。

Intelとプロセス格差が広がる傾向は今後も続く

AMCの最先端デバイスはtsmcのN7プロセスを採用している。線幅でいうと7nmである。Intelの10nmプロセスに相当する。
Intelは10nmプロセスの歩留まり向上に苦労している。
一方でAMDが生産受託しているtsmcはN5(線幅5nm、Intelの7nmに相当)は量産準備がほぼ完了しているし、3nmもリスク生産を始めようとしている。
半導体は微細化が進めば進むほど高性能になる。
Intelとtsmcのプロセス技術の世代差は最先端分野でのIntelとAMDのチップ性能差に直結する。
このような傾向はしばらく続くだろう。