いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

投資OPSを高める②

投資OPSという概念を提唱した。

www.takeboww.com

BaseBallにおいて、得点との相関が高い指標にOPSがある。
OPS=出塁率+長打率

投資における出塁率、長打率を再定義し、
具体的な投資OPSの高めかたを考察していく。

◇出塁率

Baseballではアウトにならない確率となる。
投資におけるアウトとは損失だ。

投資では見逃し三振が無いらしい。
ということは出塁率100%に簡単に出来る。

スイングしなければ出塁率100%だ。

投資をしなければ損しないのだ!!
ひゃーすげーぜ!!!

大真面目な話だ。
リスクを背負ってリターンを求める。
リターンを求めるのが目的であって、リスクは手段に過ぎない。
勝ち目がないときはリスクを負わないのがクールだ。

勝兵は先ず勝ちて而る後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いて而る後に勝を求む

◇長打率

長打率は期待値だ。
投資における期待値とはなんだろう?
期待リターンだろう。

ここで考えてもらいたい。

トヨタ自動車(時価総額:24兆円)の株価が2倍になるのと、
時価総額100億円の小型株が2倍になるのと、
どちらがより現実的だろうか?

答えは小型株だ。

時価総額が小さいという事は伸び代が多くあるという事だ。
もちろん、小さいだけではダメで、業績を伸ばして大きな会社にならないと
時価総額はついてこない。

つまり、長打、ホームランを打つためには
若い小さい企業がビックになるのを当てるという事だ。

◇結論

当たり前の話になってしまった。
投資OPSを高めるためにやるべき事は

チャンスがくるまで現金で待機して、
チャンスが来たら有望な小型株をフルスイング!!

f:id:takeboww:20170916175829j:plain