いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

ひふみ投信はまだ落ちる

ひふみ投信が不調だ。

f:id:takeboww:20180807130940p:plain

残念だが、どんなに上手く立ち回ったとしても
基準価格の更なる下落は免れない。

理由を説明しよう

◇ひふみ投信は小型株中心

ひふみ投信はTOPIXにアウトパフォームしている。
小型成長株中心のポートフォリオを組んでいるからだ。

f:id:takeboww:20180807130509p:plain

それ自身は良いとか悪いとかはなく
メリットもあればデメリットもある。
強気相場でメリットを十分享受したが、
今からはデメリットを被るターンというだけだ。

◇ひふみは大きすぎる

ひふみ投信の純資産は1600億円を超える
これはかなり大きい

他の小型株ファンドはせいぜい300億円だ。
ひふみはポートフォリオの半分以上が小型株だ
これだけで800億円。

ひふみは小型株市場では大きすぎて身動きがとりづらい。

◇自滅モード

小型株はダウントレンド入りしている。
現在は小型株比率を増やして強気のようだが、
小型株の比率を減らし、現金、大型株へシフトさせるときがいつかは来る。

f:id:takeboww:20180807130658p:plain

ひふみは小型株市場では明らかに大きすぎるため、
持株を売り抜けるには何日もかかる。
自分の売りで、自分の持株の価格を下げるという悪循環モードに入る

これが更なる下落を予想している理由だ。

◇売る必要はあるのか

あくまで俺の意見だが、
にわかは売った方が良いのではないか?

持株が1週間で10%下げる事は普通にあることだ。
たった3%の下げで文句たれるようでは、
この先もずっと文句をたれるだろう。

下げ続ける基準価格を見て、
文句たれて胃が痛くなるのは確定している
のだから、
傷が浅いうちに売った方が良いのではないか?
投資する覚悟がないのだから、投資を続けるのは間違っている

早く売って、楽になったほうが良いだろう。

かなり前から持っている人は自分で判断できるから
俺から言う事は特にない。