いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方 を読んでる

誰もが憧れる10倍株。
どうやったら10倍株を探せるのかを見つけるべく
この本を手に取った。

さて、本を読んでる感想だ。

◇四季報はかなり有用なツール

筆者は機関投資家に株を売り込む
所謂、証券マンだ。
四季報リサーチがプロ相手の営業で強みとなっていることにまず驚いた。

20年以上、四季報を読破しているらしい。
恐らく筆者の中で大化け株の特徴と紐づくセンテンスが
体系的に整理されていて、読破すれば気付くようになっているのだろう。

逆に言えば、本気で勝つにはここまでしないといけないという事だ。

◇チャートの重要性

ファンダメンタル重視の投資本では
チャートの話は出てこないのだが、この本には出てくる。
筆者は株価の先見性を信じる立場だ。
材料はチャートに織り込まれている宗派だ。
四季報を読破するくらいの人もチャートも重要視するんだから、
チャート見ずに取引するのはナンセンスだろう。

◇スクリーニング方法が実践的で良い

中身は自分で買って読んで欲しいが、
スクリーニング方法について具体的に記述しておりとても良い。
忙しい人のための方法も書いており、
読破する時間が無い人でも参考になるだろう。

◇まとめ

とにかく良い本だ。

具体的な例示が多く、非常にわかりやすい。
他にもヒントとなる事をはたくさん書いてある。
決算短信の読み方や、業績予想についてなど。

日本株をやる人は是非読んで欲しい。
また、米株も四季報があるのだから、
米株オンリーの人にとっても参考になるだろう。