いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

空売りルールを策定

米国以外の市場は下落トレンドだ。
いよいよ量的緩和バブルの完全崩壊が近づいてきた。
という事で空売りを本格的にやろうと思う。

ちょっとだけ空売りをやってみたが、
ビビッて損切りしてしまった。
ちなみにホールドしていれば、一月で8%くらい抜けているものもあった。

反省を活かし、しっかりとルールを作る。

売買ルール

信用売りポイント

①急騰した後、下落し、平坦or下落トレンドの25日線を下に切るところ
f:id:takeboww:20180907184837p:plain

②75日SMAを下に切るところ
f:id:takeboww:20180907184847p:plain

返済買いポイント

①買値から+8%

②-2σを超えた後、-1σに戻る時
f:id:takeboww:20180907184913p:plain

狙う銘柄

・下落トレンドを覆すほどの材料は出てこないと確信できる銘柄
・ゴキブリのように悪材料が出てくると予想される銘柄

この2つ。

今なら、
・半導体製造装置およびそのサプライヤー
・不動産銘柄、地銀

この二つだろう。

SCREEN(7735)の空売りを昨日しかけたが、
上手い事決まったようだ。
次はCKD、SUMCOあたりを狙いたいと思う。
半導体製造装置企業およびそのサプライヤーの業績は
頭打ちだとわかっているので、戻りは売りのチャンスだ。