いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

利益確定が難しい

◇ロング全切りで暴落回避

日経平均が800円安となるなど大荒れ
昨日ロングポジを泣く泣く利益確定し
悔しさのあまり涙が出そうだったが、
ロング全切りは正解だったようだ。

小型グロースは炭鉱のカナリヤ的な性質を持っているらしく
日経の爆下げの1日前、2日前に容赦なく崩れる。
そこで売るから、爆下げだけは喰らわずに済んでいるようだ。

◇空売りの手仕舞いが難しい

エントリーの精度は上がってきているが
利益確定のポイントが難しい。

仕掛けた空売りは以下だ
結果論だがもっと引っ張る必要があった。

返済買い現在値
IDEC22831949
ホンダ33442926
アドバンテスト22151891
資生堂71256920
日本M&A30652811


どうも自信が無いため、早く手仕舞いしてしまう。
20日移動平均線を超えたり、-2σから-1σに戻ったら
すぐ返済買いしている。
また、ポジでかすぎを反省して、減らすために
利益が出てる奴と含み損を相殺させたりなんて事もしている。

自信が持てないポジションが多いのが原因だ

4銘柄くらい同時にショートしていたが、
中国関連の資生堂と半導体のアドバンテストの2つに絞るかわりに
それぞれのポジションを倍にすれば良かった。

自信のある銘柄に集中し、分散してないリスクは
別の手段でリスクヘッジをした方が良い。
順張りロングも並行して行い、ネットでわずかにショートとなるようにするとか。

◇利益をどうやって伸ばすか

空売りで10%以上の利幅が取れたら、
75日を明確に超えるまでは手仕舞いしないとか

  • 3σ付近ででかい下ひげが出来るまで伸ばすとか

利益を伸ばすルールが必要かもしれない。

理屈の上では急落を一回掴めば非常に安全なポジションになる。。

10%の下げを戻すには12%の上昇が必要だ。

0.9×1.11 =0.99
0.9×1.12 =1.01

12%戻す材料は決算くらいだろうが、
決算が良くてもポジティブサプライズの少ない銘柄を狙えば、
12%戻す材料はなかなか出てこない。
残るはTOBくらいだが、これも時価総額の大きな企業を狙えばリスクは下がる。

一度利益が出たポジションを簡単に手仕舞いしてはいけない。
特に相場の方向性と合致しているものは。。。

ということで、ルールを見直し、利益を大きく伸ばす工夫をつけようと思う

◇本日の取引


ニコン←新規空売り
 露光機はもう終わりだろう
 カメラは景気が落ちると売れないだろうという読み
 
ショート
モバイルファクトリー:-7.52%

ショート追加したのは余計だった気もするが、
75日移動平均線割れは仕掛けポイントだからルールに従った。
似たような形態のキャノンの決算が良くなかったから
ここも売られるはず、いや、売ってください・・・。