いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

トレードお休み中で急落回避、でもね

また急落回避の運を発揮してしまったようだ

やり方上手く行かなくなったら休むが吉

サンバイオショックの日から、新高値買いが急に上手く行かなくなった。
例えば、テンポイノベーションとか。

f:id:takeboww:20190208185332p:plain

レンジ相場を決算でブレイク。
これは大きく伸びるかと思ったら、陰線。

米国株はかなり強い動きをしているものの、日本の小型株市場は弱い。

この感じだと何をやっても上手く行かないと判断し、証券アプリをアンインストール
トレードは休んでいた。

自分のやり方が上手く行かなかったら、すぐに辞めてしまう、
どうしようもない性格だが、この性格が急落回避に役立ってるようだ。

いつまでも運が続くとは思えない

10月の急落は回避
12月は空売りにしている。
今回もノーダメージ

運が良すぎる感じもある

今はビビリの性格で助かっているが、
急落は回避できても、大きく儲ける事は難しいだろう。

ある程度、リスクを取らないといけない

米国金融緩和まで待つか

とは言いつつも、大きな資金を投じる時機は今では無いのだろう。
世界経済のリセッション懸念がある。
不景気の株高というのもあるが、終わった後の始まりで起きる現象だ。

今は終わりへの始まりの時期であり、真逆だ

米国の経済自体は堅調なので、いますぐリセッションを織り込む動きはないだろう。
おそらく、どこがで再度反発して、10月の高値付近まで戻す展開はありうる。

そこを取りに行くのか?行かないのか?という話だ。
取りに行くが、全力で取りに行く時期はとうの昔に終わっている。

もう少し技量が上がって、ジャブジャブ金融緩和が再開されてから。
全力で取りに行くのはその時でも遅くはない。