いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

ムカつく奴にスリッパ投げつけても問題ない力を手に入れる

弊社のマネージャーが完全に終わってる話を聞いた。
ムカつく奴の理不尽な言動に頭を下げるのではなく、
スリッパ投げつけて、論破して、大衆の前で辱めるくらいの力が必要
だと
強く思った。

マネジメントは完璧らしいwww

どうもトラブルが出るのは
開発体制や組織管理ではなく、
全てエンジニアのミスによるものらしい。

開発に十分なリソースを注げない

ミスでトラブルに繋がる

トラブル対応で開発リソースが食われる

の無限ループに陥ってる事が最大の原因だと思うのだが、違うらしい。
どんなに良い開発フローを作っても、
既存機のトラブルがある限り、そちらにリソースを食われて、
リソース制約上、フローが形骸化する。

だから、根本解決方法はトラブル対応人員と開発人員のリソースを完全に分けること
つまり、マネジメントで解決するしかないのだが、マネジメントは完璧らしい。

害悪にしかならないアホな年寄り上層部にアホといってやりたい。
しかし、労働者という弱い立場だとそれができない。

自由を手に入れる方法

そういうわけで、アホにアホと言って、
失礼だ、クビにするぞと言われたとき、
はい、やめます。
と言える力が欲しい

FUCK YOU MONEY

ひとつは金だ。
本業の稼ぎを必要としない資産があること。
経済的自由という奴だ。
アホにアホと言い、首にされたら、
不当解雇の慰謝料をふんだくれば良い。

スキル

もうひとつはスキルだ。
就職が決まるまで、アホにアホとは言えないが、
決まって辞める際には言える。
スキルが高ければ、次の職を見つけるまでの時間が短くなるし、給料UPの可能性も高まる。

自分がとるべき道

自分がやるべきことはなんだろうと考えた。

FUCK YOU MONEYは時間がかかる

働かなくても資産があるから生きていけるんだぜ
これはなかなか難しい。
株も簡単に勝てるわけではないし、何より時間がかかる。
FUCK YOUしたいときに十分貯まってなければ意味が無い。

スキル取得が王道

英語×エンジニアはそこそこいるかもしれないが、
英語×中国語×エンジニアはそう多くない。

ここに希少性が出るのではないか?

今の会社にいても残るスキルは光学系くらいしかない。
スキルを深くする事はできるが、種類自体は増えない。
知識やノウハウとスキルは別物だ。
エンジニアのスキルだけで戦えるほどの能力が無いのはわかっている。
だから、英語、中国語という別のスキルがいる。

幸いにも米国、台湾、中国と駐在先は用意されている。
あとは、駐在公募があったときに行くかどうか。
台湾、中国なら顧客と英語でミーティングし、実生活で中国語を使う

今、30歳。
35歳くらいまでにチャンスがあって、40歳になる前に次の転職先で高く売る事ができる状態になれば・・・。

今の会社の給与水準は地方にしては高い方だし、環境に特段、不満はない。
だが、年齢が上がるにつれ、上のアホにアホと言いたいが
我慢しないといけない局面が増えてくるだろう

正しい事を言える力が必要だ。