いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

うん血で大腸がん検査を受けた話

うん、うんちがうん血だったんだ。
※この記事はうんちで80%占めています。

要精密検査は突然に

何気なく受けた簡易大腸がん検査
うんちをこすりとって、病院に送るアレ。

まぁ、30歳になったばかりだしね。
少し不規則な生活とはいえ、
まだ若いから大丈夫だろうと思ってました。

1週間後 

要精密検査

バ、バカな・・・

なぜ・・・

f:id:takeboww:20190417201400p:plain

10回におよぶ排便

ということで、明日は病院でうんちを出しまくらないといけないんです。
と周囲に言いふらして、トラブル対応をそっちのけで、帰宅。

何がつらいって検査食しか食べられないこと。
俺は、好きなものが食いたいんだよ。。。。

21:30に下剤を飲む。
翌朝、排便し、病院へ。

市内の大きな病院。
設備も新しめだ。
電車ではJKに囲まれていたが、病院では爺婆に囲まれている。

下剤→下剤→水を5分ごとに飲むという永久ループ。
間は散歩して、腸内を活性化させないといけない。
飲み始めて30分後くらいからおなかが痛くなる
うんちが完全に液体になるまで排便ループ

散歩中に締めたが間に合わず、
パンツに一滴ついたことを
ここで報告しよう。

看護師さんにうんちを見せて、OKです
と言われたが、俺の腸はそんなことは知らないとばかりに、
便意を脳に伝える。
マニュアルには4~6回で完了と書いていたが、10回はトイレにかけこんだ

ポルナレフ状態

本を読む気力すらなく、机にうなだれる。
やっと、自分の番が来た。
処置室で血圧を測る。
検査前に鎮静剤を打たれる。

f:id:takeboww:20190417201400p:plain

ありのまま、今起こったことを話すぜ
内視鏡室に入ったと思ったら、安静室にいた
な、なにを言っているのかわからねえと思うが
俺も何をされたのかわからなかった。
超スピードとか催眠術とかそんなチャチなもんじゃ
断じてねぇ
もっと恐ろしいものの片りんを味わったぜ。

※寝ていただけです

結果は・・・

異常なしでした。

30歳でガンになってたまるか!!