いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

ベア相場でIPOした成長企業はおいしい

ベア相場でIPOした成長企業はおいしい

前書き

過去、大化けした株を分析している。

大化け株のチャートが右肩上がりなのは当たり前だし、
調整後にあるパターンを描くのも当たり前
故にここで買って、ここで売るなんていうのは当たり前

それよりも、今から買っても間に合うくらい
大幅な成長をしてくれるかどうかが重要

分析の過程で、優良な成長企業がIPO直後にベア相場に巻き込まれて、
1~2年後くらいに新高値を取るパターンが
結構おいしい
んじゃないかと思った。

成長株の場合はベア相場のおかげで、過熱感がとれてPERが下がる。
景気敏感成長株の場合は、ベア相場でできた抵抗のおかげで
業績回復を見てからの参入で間に合う。

2015年IPOした直後にチャイナショックに巻き込まれた後、
2016年~2017年にかけて高値を取った二つの銘柄を分析してみた。

鎌倉新書

業績

f:id:takeboww:20190702203834p:plain

業績成長がどんどん加速していて、
青天井モードになっている。

チャート

f:id:takeboww:20190702203850p:plain
2017年3月の初動から、200日移動平均線を1度も割った事がない。
青が10週移動平均線(≒50日移動平均線)
オレンジが40週移動平均線(≒200日移動平均線)

詳細分析

初動

初動は決算がきっかけだろう。
決算後は一度ふるい落としがあったが、その後、
新高値を取っている。

売上+14%、利益成長+40%と高い成長を誇っていたが、
来期予想で売上成長率+28%と強い予想を出した。

f:id:takeboww:20190702203908p:plain

チャートはVCPパターンを形成している。
ブレイクアウト手法なら年初来高値で買い、上場来高値で買い増しが理想。

動き出した後は上昇が早いし、ボラも大きいから
買い増しのチャンスはなかった。

f:id:takeboww:20190702204301p:plain

途中30%近い調整もある。
ただ、成長はさらに加速している。
握力が試される場面だ。
よくある調整なんだと思って、トレンドラインを割らない限りはホールドしないといけない。

中長期計画発表で噴き上がる

2018年1月に新高値を取るが、決算前に押し戻される。
2018年3月の決算翌日はものすごい出来高で上昇している。

f:id:takeboww:20190702204323p:plain

業績も良く、上方修正も行ったが、それだけではない。

終活ポータルサイトとしての地位を築き上げた同社だが、
今までのデータを生かして、もっと高い次元のサービスを提供する会社になるというビジョンを発表した。

業績成長はとても大事だが、会社のビジョンもそれと同じくらい大事

ヤマシンフィルタ

チャート

2018年をピークに右肩下がり
f:id:takeboww:20190702204416p:plain

業績

f:id:takeboww:20190702204508p:plain
シクリカル銘柄なので、チャイナショックの影響をかなり受けている。
しかし、厳しい環境でコストダウンを進めたことにより、
回復期での利益急伸体制が整っている。

詳細分析

初動

2四半期連続で前年同期比2倍以上の経常利益を出した。
業績の急回復期に入っている事が明確になり、高値を取る。
売上は減少しているのだが、在庫が2四半期連続で10%以上減っており、
需要の増大を示唆
している。
会社も中国景気は底打ちしそうだという見通しを示していた。

f:id:takeboww:20190702211438p:plain
綺麗なVCPパターン

年初来高値:107
2年前の高値:124
上場来高値:140

大統領選挙前日のボラで振り落とされなければ
より低い場所から参入できるが、
選挙後で買っても一度も200日移動平均線を割らずに11倍まで上昇

在庫の増加は黄色信号

注意したいのは在庫の増加
2017年11月の決算も素晴らしい内容だった。
営業利益率は20%にまで向上。
表面的には何も問題ないが、バランスシートを見ると、
在庫がQoQで1.1倍に増加。

会社の見通しが正しければ、次の決算で在庫が減っているはずだ。
しかし、見通しが間違っていれば、在庫処分や稼働率低下により
利益率が低下する

f:id:takeboww:20190702211551p:plain

在庫増加と営業利益率低下は赤信号

次の決算も表面的には素晴らしい内容だが、
営業利益率が12%に急低下している
季節性のある会社ならよくある事と見えるかもしれない。
同社の場合は季節性はあまりなく、前四半期の在庫増加が影響しているかもしれない。
投資家も気づいているのかギャップダウンで反応
f:id:takeboww:20190702211551p:plain

成長減速でおさらば

本決算で成長減速がはっきりする。
100%近い利益成長だったが、見通しは28%と減速
在庫もたいして減っていない。
商品を作りすぎたことがはっきりとわかる
f:id:takeboww:20190702211551p:plain

機械セクターはB/Sが重要

機械セクターはリードタイムが長いので、
損益計算書だけでは分からない事がある
良く知っている投資家が先回りして売買するので、
売上微妙なのに、急騰しはじめて、まだ成長しているのに、
株価は下げ始める。
決算短信を隅々まで見て、潜在需要の増加と減速、
会社の見通しが正しいのか
判断していかないといけない。

おまけ

このDVDの付録に過去19年で発生した10倍株の一覧が載っている。

自分で大化け株リストを作成するのはかなり大変だし、
DVDの内容もわかりやすいので、
ブレイクアウト手法使用している人にはオススメ