いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

気にしたら負けなんだ


気にしたら負けやで

気にしたら負け

労働が本当に嫌なので、
せめて楽にならないか考えるたびに
非効率なやり方にイライラしていた。

が、ひつじ先輩のツイートで悟った



気にしたら負け

JTC上層部の仕事は部下の仕事を増やしてマウントを取ること

こう思ってあきらめるしかない。
効率的に進めて早く帰るなんて無理なので、
無理なものは無理だとあきらめて、
無理な要求を調整しない人たちが悪いと開き直って放置して帰る

一種の諦めが必要だ。

棚上げ野郎は無視で良い

下に頑張れとしか言わないのなら、その人が役職に就いている意味はないわけで。
打線が全然つながらん、点が取れんというチーム状況で
もっとボールを見極めてスイングするしかない
と贔屓の監督が言っていたら辞任して欲しくなるだろう。
打線を組み替えたり、工夫しているのならまだわかるが、
打順固定だったり、挙句の果てにお前と呼ぶななんて言って、
応援歌の自主規制を求められたら殺意が芽生えるだろう。

しかし、言っても仕方がない。
自分の仕事を理解してないのだから。

プロ野球選手は一試合一試合に生活が懸かっているが、
監督がクソだからと言って手を抜いたりしないが、
たかがサラリーマンにそんな重い責任はないので、
根詰める必要はない。

「ふーん」くらいの気持ちで良い

お金欲しい・・・

早く、労働から解放されたい。
自分の時間を自由に使いたい。
そのためには自由を買うお金が必要だ。

遠い、あまりにも遠い・・・。