いい男の株式投資やらないか

平成生まれのいい男が株式投資を実践するブログ

米国が仲裁する気なんてない理由

輸出管理厳格化に関する話

メモリ底打ち!?

半導体材料が輸出管理厳格化の対象になった。
それにともないDRAMのスポット価格を示すDXIというインデックスが爆上げ。
1日に+5%も上がった。

韓国2社の生産管理部門は頭を悩ませているだろうが、
セールスは思ったより高値で在庫が捌けるから
ラッキーと実は思っているのではないだろうか?

しかし、輸出許可が下りないと生産に影響が出てくるだろう。
韓国は米国に仲裁を求めているがおそらく対応しない

一番得するのは米国

その理由を端的に表している円グラフがある。
f:id:takeboww:20190725131607p:plain

f:id:takeboww:20190725131619p:plain

韓国2社の生産が止まって一番得するのは何処の国の企業でしょうか?
答えは米国のマイクロンテクノロジー
ついで、日本の東芝、米国のWDCだ。

輸出管理厳格化を発生する直前にマイクロンの広島工場が完成し、東芝四日市で停電が起きる。
タイミングが良すぎだ。

横流ししてないならいずれ許可は下りる

戦略物資を横流ししている疑いから
輸出管理厳格が行われた。
しかし、輸出しない訳ではない。
例えば、台湾はホワイト国ではない
台湾にはtsmc、umc、マイクロンの工場があるが、
台湾およびこれらの企業はルールに則って運用している。
だから、今でも物資の調達ができている。
韓国はアジアで唯一のホワイト国だったわけだが、
サムスン電子、ハイニックスがtsmcのように
ルールに則って運用していますと
経産省に証明できれば輸出許可は通る
のだ。

米国に問題解決するインセンティブが無い

問題を引き延ばした方が米国企業の利益が伸びる
だから、解決するインセンティブが無い。

日韓の問題は面倒なだけで米国に利益が無いからうんざりしているだろう
しかも、今回の件は韓国固有の問題だ。
韓国が台湾並みの管理が出来ていることを証明すればそれで済む話だろ?
くらいにしか思ってない。

政治家がバカだと苦労するのは国民

政治家がバカだと苦労するのは国民だというのは
どこの国でも一緒
だとわかった。
日本は増税により、庶民がどんどん貧乏になっている。

今回の件で、日系企業の韓国法人の現地スタッフは
めちゃくちゃ苦労しているだろう。
対日感情が悪化しているイライラと
物が入らないイライラを同じ韓国人にぶつけられる

政治思想はいろいろあれど、
まともな人はそれを表面に出さないし、
生活もかかっているからやるべき事をやる。

国民よりも利権を優先したり、
支持率のために主要産業を犠牲にしたりする。
そういうバカな政治家がいると
国民の生活はあっという間に壊される
んだなと
改めて思った。